影法師

投稿者: | 2012年8月7日

『影法師』百田尚樹

出張の移動時間が割と長かったこともあり、いつもの倍くらいのペースで一気読みした気がします。ただ時間があったからではなく、それだけ面白い小説だったと言うことです。最後はホテルの部屋で次へ次へと頁を捲っていました。

百田尚樹さんの本は、『永遠の0』が初めてでしたが、この本を読んでファンになりました。その後いろいろ読んで、後4作品ほど読めば出版されている単行本を完読することになります。長編も多いので、まだ時間がかかると思いますが。

この『影法師』は、初めて読んだ『永遠の0』を時代劇に置き直したような作品だと思いました。友の不遇の死の理由を調べ、真相に辿り着くまでの物語ですが、少年時代の出会いからその後のことが回想として語られて行きます。百田尚樹さんの作品に共通して言えることですが、ある時は零戦の戦闘シーンだったり、ボクシングの試合だったり、今回の剣を振るうシーンだったり、まるで映像を見ているかのような感覚になります。

読み進めていくうちに、最初は全然わからなかったタイトルの意味がわかってきます。知らないうちに物語の中へ引き込まれています。百田尚樹さんの作品に共通した感覚です。本当に面白くて、後味も良い物語が多い気がします。
(86冊目/2012年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.