沖縄居酒屋と帰りの本屋さん

投稿者: | 2012年7月30日

左からミミガー、グルクンの南蛮漬け、もずく酢(茅ヶ崎ちゃんぷるー)

2週間前だったか、行ってみて良かったと思えるお店「茅ヶ崎ちゃんぷるー」にまた行って来ました。

夕方5時過ぎにお店に入ると、すんなり座れるのですが、気がつくとお客さんでいっぱいになってます。とても繁盛しているお店です。

にんじんしりしり

前回食べていない料理を注文するように意識してました。前回とかぶったのは、ミミガーともずく酢です。僕としては、ミミガーポン酢は外せないですし、奥さんとしてはもずく酢は外せないようですが。

ゴーヤーチャンプルーも食べたかったのですが、奥さんの大好物の人参を使ったにんじんしりりにしてみました。もっと卵の部分が多いことを期待していたのですが、ほとんど人参でした。とても美味しかったです。

美しき古里(という泡盛)

僕としては、これも外せません。前回と銘柄を変えて、今帰仁酒造の「美しき古里」(20度)を飲みました。飲み比べないと味の違いは良くわかりませんが、とても美味しいお酒でした。これ1合で十分満足できるから、安上がりです。

ほんとうにジワジワ来ます!

そいでもって、飲んだ後には必ず本屋さんに立ち寄ります。

昨夜はあまり買おうと思っていなかったのは、今の積読本で満足している証拠だと思いますが、前に別の本屋さんで見かけていたこの本を買って帰りました。『ジワジワ来る猫猫』ほんとうに、ジワジワと笑いが滲み出て来ます。

読む本と言うよりも、眺める本のように思えますが、とりあえず積読本の仲間入りです。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.