ものを創り上げた時の感動『舟を編む』

投稿者: | 2012年7月25日

『舟を編む』三浦しをん

タイトルの『舟を編む』ってどういう意味なんだろうって、思っていたのですが、最初の方を読めばあっさりわかりました。

この本は出版された頃から、本屋さんで見かけて気になっていた本でしたが、題材が辞書を作るということだったので、面白いのかどうか、ちょっと迷っていました。個人的には、辞書を作ることに対して興味も無かったからです。でも、本屋大賞を受賞されたので、これは面白いのだろうと期待を持って読んでみました。

辞書を作るということは、とても大変なことだということが良く分かります。一朝一夕に出来るものではなく、この物語も主人公が十数年も歳を取るくらいです。ひとつの辞書を作ることに集中できたわけではないので、状況が変われば早いのでしょうが、それにしても大変な作業と努力が必要なのです。そういう辞書作りを初めてやってみて、それが好きになっていく過程も描かれていて、言葉というものの面白さも良く伝わって来ます。地味な題材を三浦しをんさんが、とてもうまく扱っていて、独特のユーモアを絡めているところも、読みやすさに繋がったと思います。

長い時間をかけてひとつのものを創ることの感動が、伝わって来ました。
(81冊目/2012年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.