健康のための鎌倉歩き

投稿者: | 2012年5月27日

東慶寺

健康のためと言うより、食べ過ぎで重くなった体を少し絞るために、歩くことにしました。この前の土日は、愛犬ふぅちゃんのお散歩込みですが、両日ともに2万歩弱を歩きました。この土曜日も引き続き頑張ろうと思い、午前中から鎌倉を歩いて来ました。

何でもない場所をただ歩くよりも、お寺の境内などを歩いたり、うぐいすの声を聞きながら、切通を越えて歩いたりした方が心の健康にも良さそうですから。

昨日土曜日はまず北鎌倉の東慶寺に行ってみました。あじさいの季節には、写真の道の両脇にあじさいが咲きます。あじさい寺と言われるほどは本数はありませんが、あじさい以外にもいろんな花が咲く花の寺です。

楓の緑

東慶寺境内の奥はお墓になっています。著名人のお墓も沢山あるようですが、東慶寺を訪れる方の多くの人がお墓の手前で引き返すようです。僕の場合は、この緑目当てにお墓のある方まで歩きます。林の中に差し込む陽射しが、楓の葉っぱの緑を照らして、とても綺麗な光景を見させてくれます。東慶寺を訪れるなら、晴れた日の午前中が良いと思います。

明月院参道

明月院へ続く参道も、雰囲気が良いところです。あじさいの季節には、どこかの繁華街みたいな人出になってしまいます。いつもはとても静かな散歩道です。昨日は比較的人が多かったように思います。あじさいの季節が近づいて来たからだと思います。でも、あじさいの花はまだまだでした。

あじさいの石段

でも蕾が開いて、もうじき色づきそうなものも少しはありました。1週間後だったら、きっと綺麗なあじさいの花がいくつか見られたと思います。

明月院の境内を歩いて見つけた花は、3つくらいだったと思います。あじさいの季節が近づいていることは、間違いないようです。

せっかちなあじさいの花

きっとせっかちなんだと思います。まだまだ蕾のあじさいの中で、3つだけこんなになったあじさいを見つけました。陽当たりの関係だったら、もっと咲いていたと思います。だから、この花は気の早い花なのでしょう。

海蔵寺

久しぶりに北鎌倉から亀ヶ谷坂切通を抜けて、扇ガ谷の海蔵寺まで歩きました。1万歩を越えて歩くなら、北鎌倉と鎌倉の間くらいは歩かなければ、とそんな感じです。海蔵寺もいろんな花が咲くお寺なのですが、今の時期はあまり花が無いようでした。

妙本寺仁王門

海蔵寺から鎌倉駅まで歩いて、ちょうどお昼になりました。鎌倉駅で奥さんと合流して、ランチを食べることにしていました。しばらく前に初めて行ったIeriという小さなイタリアンレストランに行くことにしました。12時半前に入り、1時間以上かけてゆっくりとランチコースを食べ、ビールやワインを飲んでお腹いっぱいになったものだから、腹ごなしに歩かなければなりません。そうでないと、せっかく午前中に歩いたのが帳消しになってしまいます。

レストランは大町だったので、ちょうど良い散策コースは、やはり妙本寺しかありません。妙本寺も、新緑がとても綺麗でした。もちろん、あじさいはまだまだです。

鐘楼と新緑

ちょっとした高台にある鐘楼を囲むように楓の木があります。その新緑がとても綺麗でした。ここも見上げるような感じです。明るい空に透かして見る感じが良いのだと思います。

本覚寺仁王門と夷堂

妙本寺から鎌倉駅へ行く途中は、必ずこの本覚寺を通ります。夏だと蓮の花と大きな百日紅、それからノウゼンカズラのオレンジの花が咲くお寺ですが、まだ少し先です。あじさいは少しありますが、ここのあじさいも花はまだまだです。

午前中と午後の1時間くらい、それから家に帰るまでで、この日の歩数は1万9千歩を越えました。歩き疲れたので、夕方のふぅちゃんのお散歩は、奥さんにお願いしました。本当に、くたびれました。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.