愛犬ふぅちゃん退院

投稿者: | 2012年5月11日

避妊手術のため動物病院に入院していた愛犬ふぅちゃんを、昨日迎えに行って来た。診察室で2日振りのご対面だったのだけど、先生が切った部分や切り取ったものを見せてくれた。子宮と卵巣を切り取ったのである。きっとぐったりしているに違いないと思っていたら、診察台を怖がって抱きついてくるのは、ほとんど今までどおりで、元気はある様子でほっとした。

術後3日程度はケージで大人しくさせておく。それ以降はケージから出して部屋の中を歩かせても良い。お散歩は傷口が汚れるので、しない方が良い。朝晩2回、抗生物質を飲ませる。抜糸は1週間後。傷口を舐めないように装着しているエリザベスカラーは、抜糸後3日間までは装着しておくこと、などが注意事項である。

帰って来てケージに入れた。いつもだと出してくれと吠えたり、跳びはねたりするのだけど、さすがにじっとしているし、大人しくしている。入院していた時もそうだったらしいけど、食欲は旺盛でいつもどおり。ネットでブログなどを読ませてもらったケースだと、3日間くらいはぐったりとして動かない子が多そうだと思っていたら、ふぅちゃんはかなり普通に近い。違うのは吠えない、ジャンプしないということだけだったりする。ケージに近づくと出してくれという態度を取る。

夜寝るのも一緒じゃないといけない子なんだけど、さすがに昨夜はケージで大人しく寝ていたようである。嫌がって吠えたり、跳び上がったりし始めたら、ケージから出してやった方が良さそうだ。お腹をぶつけても良くなさそうだし。今朝もケージから出たいという仕草はするものの、いつもみたいに嫌がったりはしないようだ。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.