春の嵐、何とか帰宅

投稿者: | 2012年4月4日

今朝もまだ風は強いようで、外で風の音がしているようだ。Twitterでチェックしてみたが、どうやら東海道線は結構遅くまで止まっていたようだ。もう少し遅れていたら、かなり大変だったと思う。

昨日は会社では朝から春の嵐が話題になっていた。定時まで残っていると、電車が止まって帰れなくなるのだろうと。特に急ぎのスケジュールも入っていなかったので、時間休を取って早めに帰宅することにした。でも、何時に帰るか、それが問題である。交通情報をチェックしていたら、JR東日本は午後3時から3割減の間引き運転をすると発表された。迷わず午後3時に会社を出ることにした。

駅に着くといつもの帰りよりも人で溢れている。各社が早期帰宅を促しているせいだろう。そんなに苦労なく、品川駅に到着した。帰宅ラッシュが前倒しになったせいで、品川駅はいつもより人が多いくらいだった。さっそく東海道線に行ってみたら、ホームに降りる階段で規制がかかっていた。ホームが混雑しているようで、事故を防ぐ措置らしい。少しだけ待っていたが、ホームの様子もわからないので、早々に横須賀線に回る。横須賀線のホームも混雑していたが、規制はかかっていなかった。ラッキーなことに電車がすぐに来て、何とか乗り込めた。

横浜駅を過ぎると、何とかスペースもできて、楽に立って居られる状態になった。大船駅までは順調に移動できた。ところが、大船駅で少し待たされてしまう。横浜駅で車両点検とやらで20分ほど遅れているようだ。後から来る筈の電車が約10分遅れで到着し、割と前の方で待っていたので、楽に乗れた。各駅で人の入れ替えが凄くて、遅れ遅れで何とか茅ヶ崎駅に到着した。2時間弱かかってやっと帰って来たことになる。タクシーで帰ろうかと思っていたのだけど、雨は小康状態だったので、濡れずに家まで帰って来た。

東海道線は僕が茅ヶ崎駅に到着した後、すぐに止まってしまったようだった。割とギリギリでセーフだったと言うことだ。これに巻き込まれていたら、止まった駅からバスやタクシーに乗らないといけなかった。午後4時頃帰宅しようかなと思っていたのだけど、1時間早く出て正解だったと言うことだ。

いろいろ事情はあるのだろうけど、後で考えると午後3時から3割電車を減らすより、普通に走らせているか、いつもの通勤時間帯くらいに増やしていた方が混乱は避けられたような気がした。3割減らすことにより、長い間電車を走らせることができるのなら良いかも知れないけれど、どっちみち2時間くらいで止まってしまったなら、より大勢の人を運んだ方が良かったのではないかと思ったりする。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.