『文具の流儀』を読んで欲しくなったもの(前篇)

投稿者: | 2012年3月3日

土橋正さんが書いた『文具の流儀』を楽しく読んでいる。この本で紹介されている文具は、全部で38アイテムある。その中で今持っているものや買ったことがあるものは、15アイテムくらいだろう。

昨日この本の前半を読んだのだけど、欲しくなったものがいくつかある。ひとつ目は、カール事務機の鉛筆削りAngel-5。鉛筆はたまに使うけれど、鉛筆削りは簡易なものしか持っていなかったりする。手動でぐるぐる回して鉛筆を削り、その鉛筆で字を書くのも良いと思う。そう言えば、何かの本に書いていたのだけど、年数が経っても消えないのは鉛筆で書いた文字らしい。インクで書いた文字は、長い年月が経つと薄くなってしまうようだ。

ふたつ目は、デザインフィルのダイヤメモ。文房具屋さんでは、良く目にしていて、買おうかなと思ったこともあるけれど、この本を読んでそのこだわりに驚いた。サイズは3つあり、Sが105円、Mが126円、Lが158円という価格なんだけど、50年のロングセラーだけに製品へのこだわりは凄いと思う。

最後がPOSTALCOのLegal Envelopeであるが、とても素敵な書類入れなんだけど、個人的にはあまり利用シーンが無さそうなので、すぐに買いたいものではない。

後半でもいろいろ欲しくなるかも知れないけれど、この本にあるロングセラーの文具には、それぞれにこだわりや歴史があって、普段何気なく目にしている文具が、とても素敵に思えてくる。

 


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.