ペンケースの中身減量作戦

投稿者: | 2012年1月18日

僕が会社との往復で鞄に入れているペンケース、中にはこんなものが入っている。

ペンケースの中身

そんなに大量に入っているわけではなく、筆記具が6本とペン型の消しゴム1本、定規1本である。

昨日ふとこの中身を減らせないものかと思った。特に何のきっかけも無く、ただの思い付きだ。このペンケースを携行するのは、会社との往復だけであり、通勤途中では開けたことが無いし、会社では使っているが、家では使っていない。

要するに会社に置いておけばそれで済むから、ペンケースは不要とするのが究極。それでも良いかも知れない。使わないものを通勤の往復に携行しているということは、それだけの重さの物をただ単に持って歩いているだけなのである。腕のトレーニングにしかならない。

ペリカン・エポック・万年筆

ひとつひとつ検証して行こう。まずは万年筆は、ペリカンのエポックというシリーズのサファイアブルー。定価は1万数千円なのであるが、ペン先はスチールである。ペリカンはこの程度の万年筆だとスチールのペン先になる。数年前に買ったもの。それほど効果ではないので、ペンケースに他の筆記具と一緒に入れて持ち歩いている。書き味はとても良いので、お気に入りの1本でもある。主に会議の時に使っている。

ラミー・4ペン・オレンジグリップ

2本目は、ラミーのシャープペン&ボールペン。ボールペンは黒と赤と青で、シャープペンと合わせて4ペンというわけである。これも会議の時のメモに使う。時々気が向いた時に色分けをする。シャープペンを使うことは滅多に無い。

ぺんてる・ビクーニャ3色ボールペン

このボールペンは、書き味が好きで3色ボールペンが最近出ていることに気付いたので、思わず買ってしまったもの。ラミーのボールペンがあれば、事は足りるのだけど、同じペンケースに入れている。

MILDLINER3色

どぎつい蛍光ペンは好きでは無いので、マイルドな色合いのマーカーを使っている。3色とも使うことは滅多に無い。しかも通勤の途上で使うことは、今のところ皆無である。

TOMBO MONO zero

こちらはペンではなく、消しゴムである。シャープペンを使うことがまれなので、消しゴムを使うことも更にまれということになる。

15cmの定規

こちらは何ら変哲もない普通の定規である。目盛が消えかけている部分があるのも、ちょいと気になるところである。言わずもがな、通勤途中で定規まで取り出して何かを書くということは、全く無いのである。

全てが必要だと言うわけではなく、ただ入っているものもある。通勤途上で使うことも無い。ちなみに鞄の中にはペンケースに入っていない筆記具があり、尚かつ手帳やノートとセットで使っている筆記具は手帳やノートの方に差しているのである。

この記事を書いていて、やっぱり会社に置いている方が良さそうだと、再認識してしまった。とりあえず、それで試してみることにしたい。それでも不要なビクーニャの3色ボールペンと消しゴムと定規はとりあえず他に待避させておくことにする。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.