真夜中のパン屋さん

投稿者: | 2012年1月19日

『真夜中のパン屋さん』大沼紀子

いつもは決まった作家の本を読むことが多いのだけど、時々は初めて読む作家の本が欲しくなる。『真夜中のパン屋さん』は、本屋さんで並んでいるのが何となく気になっていた。表紙の装丁が少女漫画ぽいので、恐る恐る買った本でもあった。

読み始めるとそういう心配も無くなった。面白い小説だった。登場人物のキャラクターが面白いし、それぞれが持つ内面や重い体験など、それなりの読み応えもあった。パン屋さんのオーナーの暮林さんのキャラクターに癒されるし、時々とても深いことを言う。暮林さん自体も重い経験を持っているのだけれど、とても良いキャラクターなので、あんなふうになりたいと思ってしまう。

混雑で殺気立ち、とげとげしくなってしまう満員電車の中で読むと、心も少し丸くなってしまう、そんな小説でした。続編も是非読んでみたいと思っています。
(7冊目/2012年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.