読書や本についてやりたいこと

投稿者: | 2012年1月19日

読書について、或いは本というものについて、やりたいことがあります。

本を読むこと自体については、これまでとほぼ同じペースで続けて行きたいと思っています。気になっていることは、積ん読本が増え過ぎていることです。現時点で、今読んでいる本も含めて57冊もあって、今後一切新しい本を買わずにせっせと読んだとして、4か月くらいかかってしまう分量です。なぜ積ん読本を減らしたいかと言うと、読みたいと思って買った本をすぐに読みたいからです。つまり、読みたい気持ちが熱いうちに、読みたいのです。一気に減らすことも難しいでしょうから、今の半分にしたいと思っています。

次に思っていることは、雑誌に関することです。雑誌は買ってすぐにパラパラと捲ってみて、それだけで満足してしまいがちです。お気に入りの特集記事は、デジタル化してEvernoteに保存していますが、それでも読んでいるとは言い難い状況です。積ん読本を減らすために、新しい本を買わないようにしていると、買いたい気持ちは雑誌の方へシフトして、ついつい買ってしまいます。ほとんど読んでない雑誌が貯まって行きます。雑誌を隅から隅まで全部読もうとは思いませんが、興味のある記事は読みたいというのが、ふたつめのやりたいことです。

3つめは、本棚に保管している本を減らすことです。一度読んだ本の中で、もう一度読んでみたいと思うものや書かれている内容を実践したいと思う本を保管しています。そろそろ沢山貯まってきたのですが、二度読みしているかと言うとそうでもありません。時間が経って、二度読みしなくてもいいかなと思う本も増えています。そろそろこの本も減らしたいと思います。

4つめは、本のレビューに関することです。誰が書いた何という本を何時読んだかを、データベースに記録していますが、去年の分が記録できていません。手書きの読書日記は今年から始めましたが、これは続けて行きます。ソーシャルサイトと言うか、ウェブ上の読書や本に関するいろいろなサービスがありますが、これをどう使うかが今一番の課題です。今継続して使っているのは、読書メーターです。読んだ本の感想や積ん読本も、きちんと登録しています。問題は他のサイトです。ブクログ、liblar、2Read、本が好き、ブクレポなどがありますが、それぞれをどう使っていくか、或いは退会するかです。使ってみないうちに止めてしまうのも、どうかなと思います。

自分が読んだ本の書評を登録することだけでなく、これらのソーシャルサービスに登録していることで、新しい本の情報を得ることができそうですし、新刊でなくても読みたいなと思う本を見つけられたりするものです。出版されている本を全部読むのは不可能なことですから、読んだ人が発信している情報というのは、とても貴重です。だからこそ、いろんなソーシャルサービスを活用したいと思うのです。得るだけでなく、自分でも発信しないとギブアンドテイクにはならないですから、発信をどうして行くかも大事だと思っています。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.