スティーブ・ジョブズ I

投稿者: | 2012年1月7日

『スティーブ・ジョブズ I』ウォルター・アイザックソン

スティーブ・ジョブズ I』を読み始めたのは、元旦からだったと思う。元旦はほんの少しだけ、「はじめに」の部分を読んだだけだった。実質2日から読み始めたと言った方が良いだろう。まる5日間かかって読んだことになる。年明け早々は電車の中で眠くなってしまい、予定どおり読めなかった。普通の本の3分の2くらいのペースでしか読めなかったのは、ひとつは洋書の翻訳本だということ、文字数が多いことによるものだと思う。長年のAppleユーザにとっては、内容的にはとても興味があり、面白いものなのだから。

それにしても、かなり変わった人だったようだ。自分がこうだと思ったことを押し通す執念があり、信念があり、頑固さがある。時として相手を罵倒することもあり、離れて行った部下も多い。この人以外にいないだろうと思えるほどの、完璧主義者である。強い面だけでなく、弱い面も多かったみたいだけど、最終的には自分の信じるところを貫き通し、時には失敗もしつつ、今のAppleの素晴らしい製品が生まれたのだと思う。

後半への期待は、年齢とともにどう変わって行ったかということであり、死を間近にした心境の変化はあったかということである。また、駄目になってしまったAppleの再生も楽しみで、とても興味がある。
(2冊目/2012年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.