Toggl(iPhoneアプリ)

投稿者: | 2011年12月21日

Toggl タスク画面

昨日読み終えた『iPhone習慣術』ですが、面白そうだと思ってさっそく使っているのが、”Toggl Timer”というアプリです。

何かの作業を開始する時に、その作業名を入力して、画面左上の電源ボタンをタップするとタイマーが進み始め、作業が終わった時にもう一度タップすると、かかった時間がわかるという、とても単純な機能です。ある作業にどれくらい時間がかかるかを計ることによって、その作業の平均所要時間を把握し、プランニングに役立てることができるアプリなのでしょう。

早起きをして確保した朝の自由な時間をどう使うかが、目下の僕の課題ですから、どんなことにどれくらい時間がかかっているかを把握するのに役立ちます。

しばらく続けたら、十分なデータがたまって、役目は終わりそうにも思えるのですが、いろんな作業を記録していくと、いわゆるライフログにもなって、続けることができそうに思えます。まだ使い始めたばかりで、いろんな機能を使いこなせていないのですが、プロジェクトやタグなどもあるようなので、もっと複雑な使い方ができそうです。使い続けて、徐々に高度な使い方にチャレンジしてみたいと思っています。

使っていてたまにアプリが終了してしまうのは、iOS5との相性なのでしょうか。こういう部分も解消されると、とても重宝しそうなアプリです。

Toggl 日毎の一覧

この画面のように一覧表になっているので、その日に何をしたかは明確になります。機能の朝は、1時間近く読書をしていたことが分かり、本を読み終えた後の行動も記録されているのです。

本を読み終えて、手書きの読書日記を書くのに6分くらいかかりました。その後このブログの更新をするのに16分、読書メーターにも記録をして4分弱かかっています。ということは、この一連の作業を切れ目なくやったとして、30分弱かかることになります。もっとデータを集めないと、長くかかる時やもっと短時間でできるケースもあったりするかも知れません。データを貯め込んで平均値を取ったら、朝の時間のうちどれだけを読了後の作業に割り当てたら良いのかが、明確になると言うわけです。

シンプルな機能のアプリは、とても使い易く、それだけに継続も楽にできそうです。しばらくは、データを貯め込むことに専念したいと思っていますが、来年頃からは朝の時間に何をするか、予定を決めて行動することができるかも知れません。

このTogglですが、実はウェブベースでも利用できます。ユーザ登録はメールアドレスとパスワードを入力するだけです。もちろん、ウェブとiPhoneアプリは同期することができます。ウェブの言語を日本語にすると、日本語で表示されますし、なかなか面白いアプリ&ウェブツールだと思います。

toggl http://www.toggl.com/

ウェブの画面


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.