僕がモレスキンのダイアリーを替えた理由

投稿者: | 2011年11月20日

MOLESKINE WEEKLY NOTEBOOK 月間ページ

最初に断っておくけど、どんな手帳が良いかということは、人それぞれであって、手帳自体の良し悪しではない。人によってスケジュールが滅多に入らない人もいれば、分刻みのスケジュールで動いている人もいるわけだから、使い易い手帳というのは人によって違うし、同じ人でもその年によって違ってくるのだと思う。だから、これからMOLESKINEのWEEKLY NOTEBOOKの悪口を書こうというのではなく、こういうところが僕とはちょっと合わなかったかなと思っている部分を明らかにしておきたいだけである。

で、まず写真の月間ページだけど、毎日の枠が小さいのがどうかなあと思った。来週から替えようとしているほぼ日手帳の月間ページは2ページで1か月になっているから、毎日の枠は大きくなっている。書きやすそうである。でも実際は僕の場合、あまり月間ページを使っていない。使いにくかったから使っていないのか、書くことがないから使っていないのか、我ながらよくわからない。

MOLESKINE WEEKLY NOTEBOOK 週間ページ

次にこの週間ページである。左側の一番下は土曜日と日曜日が平日の半分ずつになっている。土日の枠が小さいのが、どうかなあと思っていた。しかもところどころに記号のようなものが書いてあって、たまたまこのページの日曜日にはスペースがほとんど無い。記号のようなものは国を示していて、その日が祝日になっている国が列挙されているのである。要するに世界共通の手帳だから、こうなっている。日本の手帳のように祝日や日曜日の日付が赤字になっているわけではない。

こういうところのきめ細かさは、日本製の手帳の特徴なのではないかと思う。よって、僕がMOLESKINEのWEEKLY NOTEBOOKから他の手帳へ乗り替えようと思ったのは、他の外国製の手帳にも共通するものなのかも知れない。外国製より日本製の方が、日本に合わせているから、無理もないのである。

MOLESKINEの良いところは、実は沢山ある。紙質はどんなペンで書いても滑らかで、書きやすい。厚くならずにページ数を取れる紙質なのである。横罫の幅も絶妙だったりする。僕の場合右側のページにはその週のタスクを書いているけれど、ちょうど良い行数だったりする。

ほぼ日手帳WEEKS 月間ページ

枠が大きく、これだけで僕のスケジュールなどは書き込めそうである。祝日や日曜日は赤になっているし、土曜日もわかりやすい。休日はこうやって表記してほしいものだと思う。ほぼ日手帳の紙はとても薄いから、前のページが透けて見えていたりする。自由に使えるページが沢山ある割に薄いのは、この紙のおかげなので、透けて見えることぐらいは我慢した方が良いだろう。

ほぼ日手帳WEEKS 週間ページ

土日も平日と同じスペースが取られているところが、良いと思った点である。MOLESKINEとは違っている。欲を言えば、日曜日の右側のスペースが無いのが難点。ほぼ日手帳の特徴だから、仕方無い。それに左側の日付と右側のページは連動させたいと思っているわけではなく、あくまでもその週のタスクを書こうと思っているから、良いと言えば良いだろう。MOLESKINEよりも縦長なので、行数も多いだろうから、土日のタスクも書けると思う。

僕がMOLESKINEからほぼ日手帳WEEKSに替えたのは、やっぱり平日と土日のスペースがほぼ日手帳の方が同じだったからである。仕事がある平日だけでなく、休日も同じだけ欲しいのである。いざ使い始めたら、土日に書くことがなくて空白が増えるのかも知れない。要するに手帳は使ってみなければわからないということだ。そういう意味では、MOLESKINEの方が合っていたと後悔することは絶対無いわけでもない。

ほぼ日手帳WEEKSの週間ページの後には、たっぷり自由に書けるメモページが用意されている。MOLESKINEはほとんど無いけれど、それは僕が使っていたのが、18か月分のWEEKLY NOTEだからだろう。もちろん、ほぼ日手帳の方がメモページがあり過ぎるくらいで、実際1年間で使えるかどうかはわからない。

くどいようだけど、手帳は合うか合わないかだと思う。MOLESKINEは、いろいろ不満はあるものの、きっちり使えていたことは事実である。替えたことが吉と出るか凶と出るかは、1か月も経つと分かってくるのである。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.