Anniversary Dinner

投稿者: | 2011年11月27日

ふぐ刺

今日は結婚記念日。というわけで、昨夜は「Anniversary Dinner」に出かけて来ました。英語で「Dinner」なんて言うのはピンと来ない感じの、ふぐのコースをいただいて来ました。奥さんが時折漏らす「たまにはふぐが食べたい」という声を、これまで何度も聴いていたのですが、なかなか良いお店も見つけられず、実現していなかったふぐ料理ですが、いよいよ今年あたりが限界というわけで、行ってきました。

ネットで検索して知った茅ヶ崎の「魚心」というお店です。ホームページをご覧いただければわかるように、「ふぐと鮨」というサブタイトルの付いたお店だから、間違い無いだろうということで、ふぐのコースを予約しました。どうやらこのお店は今年の10月にリニューアルオープンしたばかり。ネットで検索してみると、以前は「魚心亭」という老舗のお店だったようです。

行ってみると、確かにお店はリニューアルオープンしただけあって、とても綺麗でした。残念ながら座敷は満席で、1階のテーブル席だったのですが、お客さんもいっぱいになり、繁盛しているようでした。

で、ふぐのコースですが、前菜3種をぺろっと食べた後に出てきたのが、写真のふぐ刺しでした。なんとこれに鯵の刺身まで付いていたりします。こりこりしたふぐ刺しの味わいや皮の部分のコラーゲンを堪能しながら、食べ慣れた鯵の刺身もとても美味しくいただきました。ビールが旨くて、あっと言う間に空になります。

ふぐちり

ふぐ刺しの次は、唐揚かなと思っていたら、いきなりふぐちりの登場です。僕は普段からあまり魚の入った鍋を好んでは食べないのですが、ふぐちりは別格です。ビールはお腹がいっぱいになるので、途中から焼酎の水割りに替えました。

ふぐちり

最近は土鍋などは使わないらしく、見た感じは何とも頼りない、紙の鍋でした。これで雑炊ができるのだろうかと、本気で心配してしまいました。鍋ができあがって、ふたりは話もしないで黙々と、いやいや「旨い、旨い」と連発しながら、食べました。よく考えると、3年ぶりくらいのふぐちりでしたから。

鍋を食べている間に、鮨が3貫とふぐの唐揚げがたっぷり出てきて、もうお腹がいっぱいになってしまいました。ふぐも野菜も豆腐もすっかり食べ尽くして、鍋の底に沈むくずきりが重たかった印象です。奥さんがあまり食べないので、雑炊を作るためだけに、頑張ってくずきりも完食しました。

締めの雑炊

さあ締めの雑炊です。美味しそうにできあがり、さっそくいただきました。当然のことながら、とても美味しかったのですが、満腹でややペースダウン。奥さんだけが黙々と食べていました。雑炊が入るところは、デザートと同じところなのかなと思うほどに。

ビールは中瓶がふたりで2本、その後焼酎の水割り、八海山の冷酒1合を飲んだだけで、お腹は張り裂けそうになっていました。

ゆずのアイスクリーム

最後に出てきたゆずのアイスクリームがデザートでした。実はこれも食べきれなかったくらいです。奥さんはしっかり食べてましたけど。お勘定をして店を出て歩く道すがら、かなり気持ちが悪かったです。要するに食べ過ぎだったのです。当然お酒を飲み過ぎたわけではなく、酔って気持ちが悪いわけではなく、もうお腹いっぱいで気持ちが悪かったわけです。

駅ビルのパン屋さんで、翌日の朝ごはん用のパンを買ったのですが、奥さんが買う間外へ出ていました。食べ物の臭いを嗅ぐだけで、気持ちが悪くなりそうでしたから。こんなのは初めてでした。どうやら鮨3貫が余分だったのです。奥さんが食べられないという1貫を余分に食べているのも、雑炊をあまり食べられなかった原因かも知れません。鍋の底に沈んだくずきりも恨めしくなります。

家に帰るバスの中で、爆睡したりして、ある程度こなれてきたせいでしょうか。家に着いた頃には、もう平気になっていました。でも、夜中に起き出した影響で、あっと言う間に眠くなり、ベッドに入るなり記憶がなくなったのでした。

食べ過ぎて気持ち悪いだなんて、贅沢極まりない話ですが、こんなふうに大満足なディナーでした。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.