再び本の買い出しへ

投稿者: | 2011年11月13日

今日買った本

実は昨日から、またルミネ横浜店で本を買って来ようと思っていた。ちょっと低空飛行気味の気持ちを上向きに変えるには、本をいろいろ見て選ぶのが一番だと思っている。実際に「この本を読んでこんなふうに生活を変えよう」などと考えながら、本屋さんの中をぶらぶらすると、不思議と気持ちは前向きに、上向きになってくるのである。

ルミネ横浜店の開店は、午前10時。その時間を目指して、午前9時過ぎに家を出た。別に開店前に飛び込もうと思っているわけじゃなく、その時間を目指せばお昼頃には家に帰って来られるから、日曜日を丸一日潰すこともない。本の買い出しだけで一日を潰すのを避けたいのである。

横浜に到着して、まずは銀行に行って、空になりかけている財布にお金を充塡。本はカードで買うので、本を買うためのお金ではないけれど。銀行を出て、まっすぐルミネ横浜店の6Fへ向かう。エスカレータに乗って、時間を決めて本を探そうと考えていた。時間を決めて行動しなくては、ただダラダラと見てしまうし、時間をかければかけるほど読みたい本が増えてしまう。だいたい本を見ていたのは半時間くらいだったと思う。

買った本は7冊。まずは昨日読み終えて他にも読んでみようと思った荻原浩さんの本を2冊買うことにした。予告どおりの『神様からひと言』と長い間Amazonのほしいものリストに入れっぱなしだった『千年樹』をついに購入。文庫本コーナーで目に付いた山崎ナオコーラの文庫本『長い終わりが始まる』を買うことにした。山崎ナオコーラさんという変わった名前でなければ、興味を持たなかったかも知れない。(山崎さん、ごめんなさい!)前から気になっていた作家だ。佐藤雅彦さんの『考えの整頓』は、暮らしの手帖社から出版されている本で、ひと目で惹かれてしまって買うことにした。ジャンルを変えて、久々の新書は、少し前に本屋さんで見つけて、ちょっと気になっていた『仕事をしたつもり』である。何となく最近僕が仕事に感じていることが書かれているような気がする。大判の図解本『図解一生折れない自信のつくり方』は、パラパラと捲って面白いなと思ったから、買うことにした。もう一度読もうと思って保管している『一生折れない自信のつくり方』と合わせて読んでみたいと思った。『iPhone4S完全活用マニュアル iOS5&iPhone4/iPod touch対応』は、言うまでもなくせっかく買ったiPhoneを使いこなせていないと思うから、この本で勉強しようという作戦だ。

こんなふうにそれぞれにいろんな思いがあって、本を買っているのである。このうちiPhoneのマニュアルは、少なくとも電車の中で読む本ではなく、実際に操作しつつ読んでマスターしていくべき本という位置づけで、僕の「積ん読本」には加えないことにした。他の6冊を「積ん読本」に加えたら、とうとう60冊を少し越えてしまったのである。これから本を一切買わなくても、4か月間は読み続けられそうな数である。

家に帰る道すがら、来年の3月末くらいには全部読むようにしようと、固く誓ったのである。次の10%オフがあるのは、3月の中旬であるから、まあその時期が目指すところだということで。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.