高山ふとんシネマ

投稿者: | 2011年10月21日

『高山ふとんシネマ』高山なおみ

僕が「この本を買おう」って決める決め方には、いろいろあるけれど、ひとつにはこんな感じだ。本屋さんで平積みされている本の表紙やタイトルをざっと視線で嘗める。その時に本の装丁やタイトル、雰囲気などでひっかかるものに、視線を戻す。「気になる」ということを認識する。そこで「これを買う」と決める場合もあれば、「また次の機会に」と思うものもある。

高山ふとんシネマ』は、「また次の機会に」と思った本である。それから何日か経って、別の本屋さんで目にして「買おう」と思った。そして、買ったらすぐに読んでみたくなった本である。最近僕は、月の初めにその月に読みたい本のリストを手帳に書くことにしている。当然こういう本は、そのリストには載っかっていない本である。読みたいと思ったその時に読むのが、一番だと思っている。でも、読みたい本が沢山あるから、積ん読本がたまってしまう。積ん読本がたまってしまうと、買ってすぐ読む本が少なくなってしまう。

そいでもって、中身の話を少し。タイトルからして「シネマ」の話が多かった。残念ながら僕も観たことがある映画は、ひとつだけ。「ホノカアボーイ」だけだった気がする。映画好きで沢山映画を観られている方が読んだら、もっと楽しく読めたのかも知れません。本の話も出てきたけれど、共通している本は無かったと思う。全体的には、「ふとんの中から紡ぐ」と帯にあるように、肩の力が抜けて、リラックスして読めるほっこり系のエッセイでした。雨の休日に、ふと思いついて続きを読んだり、「これから読むぞ!」みたいな乗りで読むのには合わないエッセイ集でした。
(118冊目/2011年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください