Appleよ永遠なれ!

投稿者: | 2011年10月6日

僕が初めてAppleコンピュータを買ったのは、約20年ほど前のことだったと思います。僕が初めて買ったAppleのコンピュータは、PowerBook Duoという今思うと超高級ノートパソコンでした。周辺機器とセットで40万以上はかかったと思います。もちろん、ローンで購入したのです。その頃のAppleにはスティーブ・ジョブズは不在でした。

この頃からの約10年間というもの、新しい機種が出る度に新しいMacintosh(当時はMacではなかった)を買ったり、OSが変わるとすぐにアップグレードしたり、僕の道楽は続きました。スティーブ・ジョブズは、ちょうどMac OS XあたりからAppleに復帰し、iPodなどのヒット商品を生みだして行った人です。今のAppleの礎を築いた人であり、今のAppleを育てた人なのです。そんな彼が昨日亡くなってしまいました。

Appleのサイトには、追悼文が掲載されています。「Appleは先見と創造性に満ちた天才を失いました。世界は一人の素晴らしい人物を失いました。」ほんとうにそのとおりだと思います。彼が居なかったら、僕が長い間Macユーザであり続けることは、できなかったかも知れません。

彼が創り出したiPhoneやiPadを僕はまだ使ったことがないままでした。使わなかったのにはいろいろな事情はあるのですが、やっとiPhone4Sのユーザとなることを決め、いずれ発売されるだろうiPad3を買おうと思うようになったのですが、そんなiPhone4Sの予約開始を待ち望んでいた矢先の訃報でした。iPhoneだけでなく、iCloudというAppleの念願でもあるようなサービスが公表された矢先の出来事です。

「スティーブは彼にしか作れなかった会社を残しました。スティーブの精神は永遠にAppleの基礎であり続けます。」僕にとっては、これからも、そうあってほしいAppleですが、やはりかけがえのない人をなくしてしまった気がします。Appleよ永遠であれと願っています。

今日という日は、iPhoneユーザの仲間入りをすることに、一点の迷いも無くなった日でもあります。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください