何年振りかのかき氷の翌日は風が変わった

投稿者: | 2011年8月19日

宇治金時(2011年8月18日)

昨日は、鎌倉へ出かけたのも久しぶりだったけれど、それ以上にかき氷を食べたのは、もっと久しぶりだった。何年振りだか分からないくらいだった。寄り道もできないで、鎌倉から茅ヶ崎駅へ戻って、ふと思い付いて冷たいものを食べようということになった。お昼を食べて、すぐに戻って来たので、まだまだ時間はたっぷりあった。

奥さんはグレープフルーツジュースだったけれど、僕は宇治金時を注文。猛暑で熱を帯びてしまった体を冷やすには、最適な食べ物だった。食べたのも、数年振りだろうし、食べたいと思ったのも数年振りなのである。

そんな昨日の猛暑を、午前中は引きずっていた。ところが午後になって、黒い雲が空を覆い、遠くからゴロゴロと雷の音が聞こえ始めた頃、風が入れ替わった。家の中はまだそこそこ熱を保っているようだけど、風は冷たく感じられるほどの風になった。雨のせいか、湿度はそれほど変わらないが、部屋の温度もエアコン無しで過ごせるくらいに下がった。

これからしばらくは過ごしやすくなるようだ。その代わり、あまり良いお天気は望めないみたいだ。

今日は奥さんの誕生日。本来ならディナーにでも出かけるところなのだけど、お天気が悪いので、明日以降に延期して、散髪のついでに買って来たワインでお祝いをする予定だ。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.