また本を買う

投稿者: | 2011年7月7日

通勤の往復で読み終える予定だった本を、片道と休憩時間に読み終えてしまった。駅の本屋さんで、ざっと文庫本を見て、気になる本を買って読むことにした。約3分間で決めた本が、種村季弘(たねむらすえひろ)さんの『雨の日はソファで散歩』だった。タイトルがとても気になった。本の装丁がとても素敵だった。著者のことを知らず、内容に関してもチェックしたりせずに、決めてしまった。

帰りの電車の中では、スマートフォンをいじったり、車窓の風景を眺めたり、本を読むことに集中してガツガツ読むのじゃなく、ゆるゆると読んだ。読んだページ数は、約30ページ。この本は、昨日みたいに本を一冊読み終えた後のちょっとした時間に読むことにしたい。時間をかけて、少しずつ読む本があっても良いだろう。そういうことも考えて、どこでも区切りが付けやすいエッセイを選んだ。

雨の日はソファで散歩 (ちくま文庫)
種村 季弘

雨の日はソファで散歩 (ちくま文庫)
徘徊老人の夏 (ちくま文庫) 江戸東京《奇想》徘徊記 (朝日文庫 (た44-1)) 書物漫遊記 (ちくま文庫) 東京百話〈地の巻〉 (ちくま文庫) 山師カリオストロの大冒険 (岩波現代文庫)
by G-Tools


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.