本のシール

投稿者: | 2011年5月21日

本のシール

やろうと思っていてできていなかったことを、ひとつ思い出した。本のシールを貼り付けることだ。3、4年前頃からだろうか、愛用している本のシールである。このシールを初めて買ったのは、京都の一乗寺にある恵文社一乗寺店という本屋さん&雑貨屋さんである。ここのオリジナルなんだろうかと思っていたら、実は違う雑貨屋さんのオリジナルのシールだった。

写真ではわかりにくいけれど、値段の下に書かれている「36 Sablo」というのがお店の名前である。東京の吉祥寺にある雑貨屋さんのオリジナルのシールだった。一度行ってみたいと思っているのだけれど、神奈川県に住むようになってからは、東京が遠くなった。吉祥寺というと、尚更遠い気がするので、結局行っていない。

本のシール(使い方編)

本のシールをどんなふうに使うかと言うと、こんなふうに使うのである。シールの横に書いている数字は、その月に読んだ本の数と4月からの累計である。たったこれだけ。これだけでも、本を沢山読もうというモチベーションは高まる。今月は読めていないなとか、今週はよく読んでいるとか、そういうことが一目でわかるのが良い。

4月も5月も実は読んだ本の数はあまり多くない。普段はだいたい2日に1冊くらい読んでいて、引っ越しがあったり、新しい生活環境に慣れてなかったり、お転婆娘のふぅに時間を取られたり、いろいろあってペースダウンしているところだ。でも、今週はちょっと調子が戻っていることがわかる。

京都で初めて買った本のシールだけど、それが無くなったらまた京都へ行って買って来ようかなと思っていた。どうやらしばらくは京都には行けそうにないから、吉祥寺の「36 Sablo」のネットショップで購入した。192片を2セット買ったから、どんなに早くても使うのに2年はかかりそうだ。それが無くなったら、今度こそ京都に行って買って来ようかなと思う。もちろん、目的は本のシールだけじゃないけど。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.