犬選びと性格の違い

投稿者: | 2011年5月2日

ずっと犬を飼いたいと思っていた。もしかすると、幼い頃からそう思ってきて、家族の中に動物嫌いがいたので我慢していたのかも知れない。そこまで遡るのは、とても大袈裟だと思うけれど、犬を飼いたいと思っていたことは事実だ。いつ頃から強くそう思うようになったかは、自分でも良く分からない。少なくとも、学生時代や社会人になった当初にそんなことは思っていなかった筈だ。社宅暮らしを終わりにしようと思った時から、犬を飼いたいと思っていたことは確かだけれど、その前は思っていなかったかと言うと、決してそうではない。社宅暮らしが続いていたから、我慢していたことだった。

犬を飼える環境が見えてきて、ずっと犬探しをしている。散歩の時に出会った犬の中で、印象の良かったジャックラッセルテリアを飼いたいと思っていた。活発で元気の良い犬が良いと思っていたし、多分犬探しを始めて出会ったお気に入りの犬が、ジャックラッセルテリアだったことが大きいと思う。引っ越しまでに時間があり、まだ見ても買えない時期から、時々ペットショップに顔を出していた。お気に入りの犬も何匹も見つけていた。不思議なことに、飼える時期が目前となった頃から、お気に入りの犬が次々と先に買われてしまった。数の多い犬種ではないからだろうと思うが、ネットで検索して調べても、とうとう神奈川県には数えるほどしか見つからないくらいになってしまった。

最近気になり始めたのは、ジャックラッセルテリアが相当運動させないといけない犬種であることだ。そういう犬を室内に閉じ込める時間が長くなりそうな点や、個体差はあるのだろうけど、初心者には飼いにくい犬種であることも、気になっていた。それに加えて、お気に入りの犬がいなくなるということで、縁が無いのかなと思い始めていたことだ。

それでも何とか数少ない情報をもとに、昨日も戸塚区にあるペットショップに出かけた。今度は出会えたが、生後4か月以上が過ぎていて、子犬らしさがなくなってしまっていて、あまりピンとこなかった。むしろ他の犬種に目が行って、せっかくだから見せてもらおうと、パピヨンとチワワを見せてもらった。そしたら、パピヨンが興奮して、嬉しさの表現なのかずっと顔を嘗めたり、バタバタしたりして、大変なことになった。その活発さがすっかり気に入ってしまった。チワワの方は、やっぱり性格なのか、抱っこすると固まってしまう。それも可愛いのだけど、犬というと一緒に散歩するイメージがあるのに、チワワだとそういうイメージにならない。正直なところ、パピヨンを即買いたいと思った。ジャックラッセルテリアから鞍替えすることには、若干の抵抗はあったものの、そう思った。

ところが奥さんと意見が合わない。お気に入りの犬が合わないということではなく、出会ってすぐに買うことに抵抗があるようだ。実は新居を選ぶ時もそうだった。新居で使う家具選びの場合も、僕と奥さんでは決め方が違っていた。奥さんの方は、相当なじっくりタイプである。僕の方は即決タイプと言うよりも、自分で決めた期限までに決まっていないのが、我慢できないタイプである。引っ越しの後片づけでもそうである。収納家具を引っ越しまでに揃えておいて、引っ越したらすぐに片づけたい。できないと、気になって仕方ないが、どうしようもないことだと割り切ると、散らかったまま過ごす。奥さんはジワジワと片づけていくタイプである。どちらが正しいとは思わない。それぞれの性格なんだろうと思う。生まれながらなのか、育った環境によるものなのか、いずれにせよ夫婦の性格が一致していることなんてあり得ないのである。

僕の場合は、これがいいなと思ったら、即決めないと気がすまない。ましてやこれまで半分決めていた犬が、ことごとく先を越されてしまった状態だから、我慢できない状態にある。ゴールデンウィークに一番やりたいことは、飼う犬を決めることだったりする。そうなると、頑固な僕の場合は、どれだけ時間が経っても決めたことは変わらない。他のペットショップへ行く気になるかと言うと、決して行く気にもならない。こういう状態になると、物が変わってもダメである。本屋に行っても本には興味が無くなる。もちろんあれこれ迷う時期もあり、なかなか決められない状況の時もあるけれど、一度決めると気持ちは変わらなくなる。また誰かに先を越されて、決めた犬を買えなくなるまでは、変わらない。

一度決めた状態の時に、時間を置いても何の意味も無い。ただストレスをためているだけである。だから昨日決めないで、いったん家に帰るという選択は、またもう一度同じペットショップに行かなければならなくなる無駄な時間を作るだけなのだ。そのあたりが違う。奥さんの場合は、気に入ったものがあっても、他にもっと気に入るものがあるかも知れないと思うタイプである。服や靴を買う時に、ふたりの性格の違いが鮮明になる。僕の場合は、その場で決める。決まらないこともあるが、そういう時は買い物自体に興味を無くしてしまう。即買いで失敗していることが無いかと言うと、そうじゃないと思う。当然失敗することもある。失敗のリスクなんて、どんな買い方にもあるものだ。即買いしなくて後悔してしまうことよりも、ずっと良いと思っているだけである。その反対も言える。

そんなわけで、結局思い切りストレスをためてしまって、家に帰って来ても何もする気になれなかった。自分のことをちょっとだけ、客観的に見て、決めることを決めて、やることをやって、新しいことへの興味やモチベーションを維持できる性格なんだと、つくづく思った。仕事でも同じで、やろうと思ったことがちゃんとできていないと、次のことができないタイプなのである。

こうしている今も、今日の免許更新の後とかに、昨日のペットショップへ駆け込みたい気になっている。ずっと買い替えたいと思っていたiMacの新製品が、明後日に発売されるという噂がある。今度はiMacに対して、同じ思いになってしまいそうである。その前に犬は決めておきたい。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.