鎌倉の桜だより

投稿者: | 2011年4月3日

本覚寺(2011年4月2日)

鎌倉の桜は、場所によって咲き方に早い遅いがあるので、この時期はどこを散策するかはちょっと難しい。もう少し開花が進むと、段葛が最も良い時期になるし、あちこちのお寺の桜も咲くだろう。咲き始めの今日は、僕の場合迷わずこのコースを歩いた。

まず鎌倉駅から若宮大路へ出て、段葛方面へは行かずに海側へ歩き、郵便局脇の細い道を西へ行く。夷堂がある本覚寺の枝垂れ桜が見頃になっていた。

妙本寺(2011年4月2日)

本覚寺の境内を抜け、仁王門をくぐり滑川を渡って、比企谷の妙本寺へ向かった。妙本寺の桜が一番早く咲くような記憶があったからだ。それから、海棠の咲き具合も気になっていた。鎌倉駅から一番近い海棠のお寺は、この妙本寺だと思う。桜が咲く頃よりも海棠が咲く頃の方が、人出が多い気がする。

案の定桜は綺麗に咲いていて、五分咲きくらいだった。海棠は蕾が膨らんでいたものの、残念ながら花は開いていなかった。開花は近いと思う。

妙本寺(2011年4月2日)

妙本寺の境内では、スミレの群生も見られる。スミレを見つけるには、陽当たりの良い斜面を探すと良い。北鎌倉の明月院の参道にもスミレの花が沢山見られる。きっと咲いているだろう。

段葛(2011年4月2日)

段葛の桜並木は、こんな感じだった。まだ蕾のままの木が大半で、開花している木もちらほらと見られたくらいである。きっと1週間後は見頃になっているだろう。

引っ越しに向けてガスの開栓と家具の受け取りなどで、朝から新居へ行っていた。その後鎌倉へ向かい、奥さんと待ち合わせていつも行くラーメン屋さんでお昼を食べ、桜を見ながら散策した。ぽかぽかと暖かく、歩いていると暑いくらいの陽気だった。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.