断捨離に失敗

投稿者: | 2011年4月17日

これまでずっと、2〜3年置きに引っ越しをしてきた。最近は少し間隔が長くなって、4年くらいにはなっている。その度に、我が家にはどうしてこんなに物が多いのだろうと、反省してばかりである。今度こそは物を減らして引っ越そうと思っていたけれど、やっぱりいざ段ボール箱に詰めてみると、物が多いことに呆れてしまう。しかもつまらない物が、多いのだ。大事に長く使っている物ではなく、滅多に使っていない物が多いのだ。物の価格を言っているわけではなく、本当にお気に入りの物が沢山あるのかと言うと、そうではなく、どうでも良い物が沢山ある。

昨日の朝早く4時頃から自分の部屋にある物の荷造りを始め、途中で奥さんと共用しているAV機器などを片付けたものの、延々と夕方6時までやっても終わらなかった。午後8時頃から夕食を食べに、外へ出た。ここに引っ越してきた時に、引っ越し蕎麦だと言って駅前の蕎麦屋さんに行ったのだけど、あれ以来一度も行ってないことに気づき、その蕎麦屋さんで夕食を食べた。そしてまた9時頃から約3時間やっても、まだ完全には終わっていない。疲れ果てて0時前に寝たのだけど、気になっているせいか午前2時過ぎに目が覚めてしまった。

断捨離の本を読み、整理整頓に関する本は沢山読んだ。でも、結局今回の引っ越しでも、物減らしに失敗してしまった。新居に引っ越したら、しばらくの間は物減らしを計画的にやろうと思う。まずは自分の物は自分の目の届く範囲に置ける物だけにしたい。押し入れだとか、収納に隠れてしまって、しばらく見たこともなかった物が、引っ越しでは沢山出てくる。そういう物が不要な物である。

いろいろと、自分の部屋以外の場所にある物の管理を、奥さん任せにしてしまっていたことを、今回大いに反省した。新居ではどうせなら気持ち良く、快適に暮らしたい。そんな思いもあって、今回の引っ越しを機に処分してしまおうと思っていたけれど、結局処分できなかった物が沢山残ってしまった。今度こそ、お気に入りの物だけを大事に長く使っていく生活を実現したい。

沢山の物を貯め込んでも、使える物は限られている。読みたい本を次から次へと集めてみても、一生に読める本は限られているのだ。本だけではなく、いろんな物に言えることだろう。iPodに入れている音楽も同じだ。良く聴く音楽は数少なく、他はほとんど聴かないものばかり。聴きたくなるかも知れない、そんな気持ちで貯め込んでいても、結局聴かないままに終わってしまうのだ。ノートや文房具も同じで、反省すべき点は多々ある。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.