救援物資届く

投稿者: | 2011年3月17日

昨夜家に帰ると、奥さんの母親から救援物資が届いていた。帰りの電車の中で受け取った奥さんからのメールには、もし見つかれば「牛乳、卵、ヨーグルト」を買って来てほしいとあった。最寄り駅の近くのスーパーが開いていたので、立ち寄って探してみたが、わずかに残っているヨーグルトを見つけることができただけだった。何故か乳製品は底をついている。カップ麺やインスタントラーメンも全然無い状態で、あとはトイレットペーパーも無い。義母からの救援物資は、トイレットペーパーとティッシュペーパーである。

最近で言うと、新型インフルエンザの時のマスクの状態。あの時何とか買ったマスクは、我が家にもまだ沢山残っている。慌てて買わなくても良かったというのが、正直な感想である。ずっと遡るとオイルショックの時のトイレットペーパーもそうだった。どうやらトイレットペーパーはよく買い占められるようだ。そんなに高価ではなく、場所を取りそうな物でも、誰かが買い占めているのだろうか。

いくら貯め込んでも、必要な分しか使えない。今本当に必要な人達へ回すためにも、こんな浅はかな状態にはしたくないものである。普段は有り余っている品物を、貴重な通勤時間の一部を使って探し回る時間の方を大切にした方が良さそうだ。

今朝は6時20分から計画停電の予定である。電気の方も皆が少しずつ節約すれば、停電を少なくできるのではないか。或いは企業がもっと組織的に節電すれば良いのではないだろうか。物や電気を浪費し過ぎている社会への警鐘なのかも知れない。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.