しをんのしおり

投稿者: | 2011年2月18日

『しをんのしおり』三浦しをん

三浦しをんさんの本は、これで5冊目。この作家の本はいずれ全部読んでみたい、そう思ったらその時点で出版されている本をリストアップする。三浦しをんさんもそんな作家の一人なのだけど、ペースは遅いので、少なくとも出版のペースよりも少しは早く読みたいと思っている。この作家の本は全部読みたいと思ったら、ウィキペディアで調べてみることにしている。三浦しをんさんの場合は、30冊あってそのうちエッセイが12冊と結構多かったりする。この『しをんのしおり』は、2002年に出版された3冊目のエッセイ集。小説から入った三浦しをんさんの本だけど、『三四郎はそれから門を出た』を読んで、エッセイが面白いと思ったので、この本を買ってみた。結果期待を裏切られることなく、ユーモアあふれる、とても面白いエッセイだった。こうなったらエッセイ集から読破しようかなと思ったくらいだ。となると、次に読むのは『極め道―爆裂エッセイ』あたりかなと思っている。
(20冊目/2011年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.