ゆたかな人生が始まるシンプルリスト

投稿者: | 2011年2月4日

『ゆたかな人生が始まるシンプルリスト』ドミニック・ローホー

著者のドミニック・ローホーさんは、禅の修行や墨絵の修得を通して日本の精神文化に精通されていて、前に『シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう』という本を読んだことがある。そんなドミニック・ローホーさんの新しい本を見つけたので、さっそく読んでみた。

ゆたかな人生が始まるシンプルリスト』というタイトルを見て、この本もシンプルな生活に関する本だと思っていたのだけれど、そうではなかった。目次を眺めると、毎日をシンプルにすることが書かれている部分は、9つのパートに分かれたこの本のひとつのパートだけ。どんな本かと言うと、考えていることや思っていることを、簡潔かつ具体的なリストの形に書き出すことで、人生が豊かになるという本。つまりシンプルなリストを作ることを勧めている本なのだ。

だからと言って期待外れだったかと言うと、決してそうではなくて、いろんなリストを実際に作ってみたいと思うようになった。手帳に夢を書くと夢が叶うみたいな本があるけれど、要するに手帳がリストに変わるだけだ。いろいろなケースにどのようなリストを作れば良いか、そのヒントが書かれた本である。僕の場合、読んだ本の中でいいなと思う本は、もう一度読んでみようと思うのだけど、この本もそんな1冊の仲間入りをした。
(13冊目/2011年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.