高知へ帰省

投稿者: | 2010年11月6日

羽田空港(11月3日)

11月3日から5日まで、2泊3日で帰省していました。両親の顔を見に帰るのと、これから僕が何処に定住しようとしているのか、両親の考えと合っているかどうか、そんなことを確認することも目的でした。後を継ぐ家業はないのですが、一応長男ですから将来的なことは両親と意識を合わせておかなくては、後でトラブルになってしまいます。

高知龍馬空港にて

僕の故郷は、土佐の高知です。そう今年はNHKの大河ドラマ「龍馬伝」が放映されているので、少しはブームになっているようです。高知県人の誇りと言うべきなのが、坂本龍馬なのです。到着した時にはあまり気づかなかったのですが、出発ロビーにはこんな龍馬像があったりして、ブームなんだろうなという気はします。

高知龍馬空港は、とても小さな空港です。四国の他の県と違って、四国山地で遮られているので、空の便が関東地方や関西地方への主要な交通機関になっています。小さな空港の割には利用客も多く、羽田空港と結ぶ便数もそれほど減ってはいませんでした。

いくら龍馬伝で有名になっているからと言っても、劇的に変わるほど観光客が増えたとか、そういうことはないでしょう。相変わらずの風景が迎えてくれた気がします。しばらく帰っていなくても、全然変わらない風景が出迎えてくれる、田舎とはそういうところが良いのかも知れません。空港へ続く道にびっくりするような店が増えているかというと、そんなことはありません。全国チェーン店などができたりはしているのでしょうが、それほど変わっているようには見えないので、返って安心した面はあります。故郷が激変するのは、きっと寂しくなったりするものだと思います。

高知龍馬空港

羽田空港から飛行機に乗った時には気づかなかったのですが、機体には龍馬伝のPRが見えます。調べてみたら、「龍馬伝ラッピングジェット」というもののようです。松山便には「坂の上の雲ラッピングジェット」が就航しているようです。どうやら9月までの予定だったようですが、龍馬伝の方はまだ就航しています。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.