鎌倉紅葉だより(その2 獅子舞周辺)

投稿者: | 2010年11月28日

鶴岡八幡宮(2010/11/27)

鎌倉の紅葉を満喫するため、僕の中では鎌倉一番の紅葉の名所「獅子舞」に出かけることにしました。まずは鎌倉駅からスタートして、段葛を通って鶴岡八幡宮へ向かいました。久しぶりにお天気の良い休日で、空がとても綺麗でした。赤い鳥居には青い空が似合います。

鶴岡八幡宮(2010/11/27)

鶴岡八幡宮にせっかく立ち寄ったのだから、銀杏の様子を見るため本殿前まで行ってみました。木はとても生命力が強いものです。どちらの株からも銀杏の葉っぱが沢山出て、少し黄葉していました。大銀杏が倒れてしまい本殿がはっきり見えるようになったのですが、大銀杏には復活してもらいたいものです。

ちなみに鶴岡八幡宮では、池の周辺も綺麗な紅葉が見られますが、鎌倉国宝館の周辺に楓が沢山あり、とても綺麗です。

荏柄天神社(2010/11/27)

鶴岡八幡宮の大銀杏が倒れてしまったので、周辺ではここの大銀杏が一番になったのかも知れません。獅子舞へ行くには、荏柄天神社、鎌倉宮付近を通ります。この時期ここの大銀杏も見逃せません。去年に比べて今年は銀杏の色付きは早めのようです。

鎌倉獅子舞(2010/11/27)

荏柄天神社から鎌倉宮を経て、二階堂方面へ向かいます。瑞泉寺の方へは行かずに、永福寺跡を左手に見ながら左側の道を行き住宅地を抜けると、山道に入ります。こんな風景が見えてきたら、獅子舞の紅葉まであと一息です。

鎌倉の山々はそれほど高くなく険しい山道は少ないのですが、獅子舞へ向かう道はこんなふうにぬかるんだ道もあり滑りやすいので、獅子舞に行くなら靴はトレッキングシューズがベストです。気軽に行ける場所なのですが、山道を歩く準備は必須です。

鎌倉獅子舞(2010/11/27)

獅子舞の美しいところは、自然そのものだということと、銀杏と楓のコントラストがとても綺麗なことだと想います。楓はまだ色付き始めた感じで、銀杏は見頃を少し過ぎてかなり散ってしまっていた感じでした。去年の今頃よりも楓の紅葉は進んでいない気がします。それでも十分に美しい風景を楽しませていただきましたが、奥さんと二人で来週もまた来てみようか、ということにしました。去年も見頃は12月初旬だったようですから。

天園ハイキングコース(2010/11/27)

獅子舞を抜け、天園ハイキングコースを歩きました。その前に腹ごしらえで天園の茶店でおでんとビールの昼食を済ませました。持って行ったおにぎりも食べて、元気いっぱいになったところで、ハイキングコースを歩いて明王院方面へ向かいました。途中で瑞泉寺へ下る道がありましたが、そこを抜け更に約30分くらい歩きます。あまり人が歩かないせいか、道がぐんと狭くなっています。

明王院(2010/11/27)

十二所というところにある明王院は、藁葺き屋根に趣がある真言宗のお寺です。残念ながら境内では写真撮影禁止になっているので、こんなふうに脇道から写真を撮りました。鎌倉から金沢八景方面へ続く金沢街道の結構奥に位置するお寺なので、人出の多い紅葉シーズンでも静かなところです。

浄妙寺(2010/11/27)

明王院から金沢街道を鎌倉方面へ戻り、浄妙寺に立ち寄ってみました。門を入って目をひくのが、参道脇の鮮やかな紅葉です。銀杏も本堂脇にあるのと、境内奥の山手に見えているのと、綺麗に色付いています。石窯ガーデンテラスというレストランへ向かう坂道辺りの紅葉も色付いています。もう1週間後の方が綺麗だったかも知れません。

浄妙寺を歩いた後は、鎌倉駅へ戻ることにしましたが、バス停には長い行列ができていました。並んでも1台目のバスに乗れるかどうかわからないので、頑張って鎌倉駅まで歩くことにしました。金沢街道は車が多く歩道が狭いので、歩きやすい脇道に逸れたりしたこともあり、また途中で写真を撮ったりしていたので、鎌倉駅まで1時間近くかかってしまいました。

鎌倉駅を起点として、鎌倉を歩き回る5時間半の小さな旅でした。紅葉の時期はだんだん遅くなっているようで、まだまだ来週辺りが見頃になるのではないかと思われます。来週もお天気が良ければ、また獅子舞の紅葉をレポートできそうです。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.