鎌倉紅葉だより(その1)

投稿者: | 2010年11月21日

源氏山公園(2010/11/20)

そろそろ鎌倉の楓や銀杏も色付いてきたかなと思い、源氏山公園や海蔵寺、円覚寺を歩いてきました。奥さんと鎌倉を歩く場合は、だいたいは昼飯スタートとなります。よっぽど朝早く出たい時には、辛抱強く奥さんを起こすのですが、それ以外の時は起こしたらすぐに起きるだろうと思う時間まで、放っておきます。今日は朝の時間を使ってやりたいこともあったので、放っておいた方です。

まずは鎌倉駅西口からスタートです。西口を出て左に折れて、御成商店街を歩き、静雨庵というラーメン屋さんを目指しました。あっさりとした醤油ラーメンが美味しくて安いので、毎月1回は食べに行きます。

腹ごしらえを済ませて、さっそく源氏山公園方面へ向かいます。まずは銭洗弁天の手前にある佐助稲荷に立ち寄ってみました。佐助稲荷がある谷戸はほとんど紅葉する木が無いようです。お詣りをして、銭洗弁天への抜け道を行きます。民家の間の細い道を抜けて、銭洗弁天の裏側に出る抜け道です。

紅葉のシーズンの鎌倉は人出が多く、銭洗弁天も観光客が集中するスポットです。いつもそうなんですが、銭は洗わずにスルーします。銭洗弁天の表側の急な坂道を上って行くと、源氏山公園に出ます。坂道はきついけれど、距離的にはそれほどありません。がんばって上るとすぐに高台に出ます。逗子方面の海が見渡せる絶景スポットもありますから、銭洗弁天でUターンしないで源氏山公園にも立ち寄るのが良いです。昨日は写真の銀杏の木が一番綺麗だったように思います。

源氏山公園・頼朝像(2010/11/20)

頼朝像前の広場周辺にも少し楓の木がありました。色付いていますが、本数が少なめなので今ひとつかも知れません。頼朝像の後ろの林で野鳥を沢山見ることができました。中でもコゲラというキツツキの一種を見ることができたのは、昨日の大きな収穫でした。お馴染みのシジュウカラも沢山いましたし、エナガも見ることができました。源氏山公園はバードウォッチングの方が良いかも知れません。

海蔵寺(2010/11/20)

化粧坂切通を下って、扇ガ谷方面へ向かいました。扇ガ谷の奥にある海蔵寺に立ち寄りました。この辺りは閑静な住宅街ですが、住宅の庭木の楓が見事なところなのです。まだ少し早いかなという感じでしたが、色づき始めていました。海蔵寺の境内の楓も色付き始めていました。見頃になるのは次の土日頃かも知れません。

円覚寺・妙香池(2010/11/20)

海蔵寺から亀ヶ谷坂切通を抜けて、北鎌倉へ行ってみました。今日のコースは歩く距離も坂道も結構ハードです。北鎌倉の円覚寺に着いた頃には、足がかなり疲れていました。円覚寺で紅葉が綺麗なのは、総門前辺りと境内の奥にある妙香池周辺、それから、居士林辺りです。いずれも「もうひといき」という感じだったので、やはり来週の土日が見頃を迎えるのではないかと思います。去年もちょうどその頃だったと思います。鎌倉の紅葉は11月下旬から12月上旬が綺麗なのです。

円覚寺・居士林(2010/11/20)

どうやら今日は野鳥に縁がある日なのでしょう。最後の最後に、妙香池でカワセミを見つけました。大きな岩にじっと止まっていて、時折池にダイビングして餌をつかまえます。ダイビングした瞬間に見ている観光客から歓声が起こりました。ほんの10分かそこらでしょうか、餌を沢山食べて満足したのか、カワセミはどこかへ去って行きました。

多分朝のうちか夕方が良いのだと思います。円覚寺を訪れたら、この妙香池の前でどこかにカワセミが止まっていないか、目をこらしてみることをお勧めします。とても美しく、可愛い野鳥です。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.