ふたつめの月

投稿者: | 2010年11月12日

近藤史恵『ふたつめの月』

この本を買ったのはいつだったか覚えていないほど、かなり前に買った本です。何となく興味を持った本だったのですが、『ふたつめの月』は実はシリーズの2作目らしいので、1作目の『賢者はベンチで思索する』を読んでからにしようかなと、迷っていました。よく行く本屋さんでも探したのですが、見つからないので、とうとう2作目のこの本を読んでしまいました。

表紙のイラストを描かれた松尾たいこさんが、この本の解説を書かれています。その冒頭で「これは、ものすごい悪人は出てこないミステリーです」と書かれています。まさにこのとおりの本でした。この本の中には主人公や登場人物、登場犬が一致している短編が第1話から第3話まであります。どれもものすごい悪人や犯罪者が出て来るわけでもなく、主人公も名探偵ではなくごく普通のOLなのです。そういうところが、このシリーズの魅力的なところだと思います。なかなかいい感じの小説でした。

順番は逆になってしまうのですが、シリーズ1作目も是非読んでみたいと思いました。近藤史恵さんの小説もいろいろ読んでみたいと思いました。
(146冊目/2010年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.