御霊神社の面掛行列

投稿者: | 2010年9月19日

0919-1.jpg

 昨日の朝の宣言どおり、昨日は鎌倉の御霊神社のお祭りを見に行った。鎌倉駅に着いたのは12時10分前くらい。最初の目的だった静雨庵のラーメンを食べ、ぶらぶらと歩いて長谷方面へ。長谷寺前の交差点は相変わらずの人出だったが、3連休初日だからこんなものかなと思った。
 長谷寺には立ち寄らずに、そのまま御霊神社へ向かった。着いた時刻は13時を少し回っていて、神楽が既に始まっていた。本殿右側の狭いスペースで神楽が行われていて、それを大勢の見物客が取り囲んでいた。神楽がをしばらく眺めていたものの、よく見える場所は既に人でいっぱいだったので、面掛行列が始まる午後2時頃までビールでも飲んでいようと、近くのカフェに行った。
0919-2.jpg
 こんなふうに境内には御神輿が出ていて、後でわかるのだけど、面掛行列の最後尾で御神輿が担がれていた。それにしても、最近はカメラマンが多い。一眼レフを持っている人も大勢いて、面掛行列の写真を撮るのも大変だった。
0919-3.jpg
 ビールを飲んだカフェから見える海が、とても綺麗だったから、面掛行列が始まるまで海の写真を撮ったりして、時間をつぶした。夏だと遠くは霞んでいたりしたのだけど、だんだん視界が良くなってきた感じがする。気温は上がっているようで、30度くらいの体感温度だったけど、もう少し昼間も秋らしくなったら海の向こうの景色ももっと綺麗になるだろう。
0919-4.jpg
 面掛行列は、御霊神社から江ノ電の踏切を渡って伸びる小径から出てくる。極楽寺坂切通から長谷方面へ延びる道をまずは極楽寺坂切通方面へ向かい、虚空蔵堂辺りで折り返してくる。星の井通り交差点で再び折り返して、御霊神社へ戻って行く。ゆっくりとした行列なので、始まったと思われる時刻から約1時間くらいはかかった気がする。
 面掛行列の先頭は、杖を持った女の子が先導していた。他にもお囃子や旗持ちなど、大勢の子ども達が参加している行列だった。
0919-5.jpg
 お囃子も先頭近くだった。面掛行列がスタートするずいぶん前からお囃子は聞こえていた。鶴岡八幡宮の例大祭でもそうだったけど、お囃子の笛の音色や太鼓の音って、とてもいいなと思う。祭り好きでなくても、自然とワクワクした気持ちになるのかも知れない。
0919-6.jpg
 最初のお面は天狗だった。槍のようなものを持った子どもや弓を持った子ども達が後ろに続いてくる。面掛行列は、思っていたよりも長い行列だった。
0919-7.jpg
 いよいよ面掛行列の中心がやってきた。これまでネットなどで見たことのあるお面はこの同じ衣装をまとった人達だ。
0919-8.jpg
 近くで見ると、本当に古いお面だということがわかる。普段は御霊神社境内にある宝物館にこのお面が保存されている。どれがどれかわからない部分もあるけど、爺・ひょっとこ・福禄寿・おかめ・鬼・鼻長・異形・翁・烏天狗・女の十人衆と言われている。一番最初の天狗は数には入っていないようだ。
0919-9.jpg
 最後の二人だけは衣装が違っているようだ。沿道の見物人がお腹を触ったりしていたので、産の御利益でもあるのかも知れない。お面をつけている人は女性ではなかったような気がした。
0919-10.jpg
 面掛十人衆の後ろにはこんなふうに旗を持った子ども達が続く。風に吹かれて重そうだった。ところどころでお母さん達がサポートしていた。
0919-11.jpg
 古そうな袋に入っているのは、太刀か何かなのだろうか、結構重そうで大変そうだった。それぞれの意味を知ることができたら、面掛行列の見方も変わりそうだ。
0919-12.jpg
 最後尾は御輿である。鶴岡八幡宮の御輿は石段の上の本殿から下ろすのも大変そうだったし、行列の時もかなり重そうだった。御霊神社の方は担ぎ手に余裕があったように思うが、実は台の上に乗っかっていた。かなり重い御輿なのだろうか。
0919-13.jpg
 微笑ましい風景に出会った。犬も行列に参加していたのだ。豆絞りの手ぬぐいが、とても可愛い。大人しく行列について歩いていた。
0919-14.jpg
 再び星の井通り交差点で折り返してきた行列が、御輿を最後に御霊神社方面へ小径を入って行った。集まっていた大勢の見物客も行列が過ぎて行くと、徐々に帰っ


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください