土日のお祭り

投稿者: | 2010年9月27日

 秋祭りのシーズンのようで、鎌倉でも、僕が住んでいる辺りでも、あちこちでお祭りを見かける。そんな中、この土日は僕が住んでいる地区の町内会のお祭りだった。前にも話したとおり、今年度の町内会役員が回ってきて、残りくじが大当たりで地区会長になってしまった。町内会長ではなくて、町内会のいくつかの地区のうちのひとつの地区会長なんだけど、町内会のイベントにはフル出場しなくてはならない。

 土曜日は午後1時に集会所へ集合。約2時間以上かけて、御神輿の組み立てや御酒所の設営などの準備を行う。子ども会主催の宵宮イベントの開始時刻は午後4時だったが、それまでに会場になっている小学校の体育館に御神輿をかついで行く役割もある。予定では午後3時頃から御神輿をかついで近所を練り歩き、1時間かけて体育館へ行くことになっていた。ところが準備が遅れて、実質的には30分くらいしかなかった。軽トラックに乗ったお囃子隊の後から御神輿をかついで行った。ちょっとしたお祭り気分にひたることはできた。
 役割が終わった後は、御酒所でお酒やビールを飲みながら、体育館のイベントが終わるのを待っていた。イベントが終わったら、また御神輿を集会所へ持って帰る役割もあるようだ。毎年やっている人はわかっているのだろうけど、今ひとつ段取りが良くわからない部分もある。結局その後も飲み続けて、夜になって家に帰った。
 翌日の日曜日は、本宮である。何をするかというと、少し大きめで重い御神輿を台車に乗せて、山車にする。その台車に長いロープを2本つけて、それを子ども達がひっぱって行くのだ。小さめの御神輿は子ども神輿なので、地区の少年野球チームがかついで歩く。お囃子隊も来るのかと思ったら、ラジカセだった。
 8時半に集合して準備をし、9時半に出発。予定では約2時間と聞いていたが、2時間半以上はかかった。僕は山車の前に居て、下がってくる子ども達を前へ誘導する。前が詰まると子ども達がだんだん後ろに近づいて、山車に接近してしまい危険だからだ。それが案外大変で、場合によっては紐を逆にひっぱらないといけないし、カーブでは大きく回らせるようにコントロールしなくてはならない。ただ歩くのとはわけが違って、最後の方は正直なところへばっていた。
 ロープを放さずに半分喧嘩ごしになってしまう子どもやら、持てなくて泣き出してしまう子どもやら、本当に大騒ぎである。休憩は2回あり、そこでは飲み物やお菓子がふるまわれる。それも子ども達の楽しみで、休憩所でも大騒ぎである。
 そんな練り歩きもお昼過ぎには終わって、後片づけを終わらせて、午後1時過ぎからはまた宴会だった。約1時間昼間っからまた飲んで、家に帰ってきたのは午後2時半頃だったろうか。酔っぱらって眠くなってしまったので、昼寝をすることにした。午後3時からちょうど1時間半の昼寝だった。結局日曜日はそんなところで終わってしまった。
 時間ができたら出かけようかなと思っていたのだけど、それは今日へ延期したのである。今日はこれから少しのんびりして、お昼前には出かけることにしたいと思っている。

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください