8月に読んだ本

投稿者: | 2010年9月2日
 8月の読書も7月とほぼ同じペース。9日間の夏休みがあったが、前半はほぼ1日1冊ペースだったものの、後半はほとんど読めなかった。何冊読むかではなく、じっくり読んで何かを吸収したり、楽しんで読むことを続けたい。

8月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:2638ページ

ほぼ日手帳 公式ガイドブック 2011 いっしょにいて、たのしい手帳と。ほぼ日手帳 公式ガイドブック 2011 いっしょにいて、たのしい手帳と。
毎年出ているこの本だけど、だいたい同じ内容だからいいだろうと思ったりする。でも、やっぱり買ってしまう。いろんな人のいろんな使い方に出会うたびに、いいなと思う。自分もやってみたいなと思う。そういう気持ちになれることが、きっと楽しいのだと思う。今年もまた読んでしまいました。

読了日:08月29日 著者:
いつもの毎日。いつもの毎日。
松浦弥太郎さんのものに対する拘りやていねいに使いこなすところを見習いたいと思います。この本を読んでいると、心が落ち着きます。時々思い出しては、読み返したくなる本です。
読了日:08月27日 著者:松浦 弥太郎

クジラの彼 (角川文庫)クジラの彼 (角川文庫)
有川浩さんの恋愛小説は、後味が良いので割と好きな方です。この本はいくつかの短編集で構成されているが、それぞれが微妙に絡み合うこともあり、単なる短編集ではないことを主張しているかのようだ。「海の底」や「空の中」などと関連がある短編集である。
読了日:08月25日 著者:有川 浩

東京島 (新潮文庫)東京島 (新潮文庫)
無人島でのサバイバルや男性の中にたったひとりの女性がいることによって起きるいざこざ。本を読むまではそんなイメージがあったけれど、登場人物のひとりひとりの生い立ちとか、人間模様とか、無人島で暮らすことによって隠れた部分があらわになってくる、そういう小説だった。面白い小説だったけど、僕が好んで読む小説でもなくて、それが返って新鮮だった気がする。
読了日:08月20日 著者:桐野 夏生

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)
走ることと小説を書くことについて、走りながら読んでいるような気分で読める本。走りながら頭を巡るいろんなことについて、ついつい自分のことのように入り込んでしまうところが、さすが村上春樹さんだと思う。
読了日:08月17日 著者:村上 春樹

卵の緒 (新潮文庫)卵の緒 (新潮文庫)
「天国はまだ遠く」で瀬尾まいこさんの小説のファンになった。その後いろんな作品を読んだのだけど、このデビュー作がまだでした。読んでみてもっと早く読んだら良かったと思いました。タイトルの「卵の緒」だけでなく「7’s blood」も家族とは何かを考えさせられる作品だったと思います。とても良い小説でした。
読了日:08月10日 著者:瀬尾 まいこ

阪急電車 (幻冬舎文庫)阪急電車 (幻冬舎文庫)
単行本を知った時から読みたいと思っていたら、文庫本化されて迷わず即買いました。期待どおりにとても面白い小説でした。阪急電車の小説の舞台となっている路線は知らないのですが、知らなくても何だか昔から知っているような気になってきます。いろんな人々の生き様がとても面白く描かれていて、あっと言う間に読み終えた気がします。
読了日:08月09日 著者:有川 浩

くちぶえカタログ (静山社文庫)
松浦弥太郎さんのエッセイは大好きだ。特にこの本のようにお気に入りのものを題材にしているものが、一番好きだ。お気に入りのものを必要最低限持ち、大切に使う姿勢に共感している。僕も見習いたいと思っているが、まだまだ。
読了日:08月08日 著者:松浦 弥太郎

ひとり日和 (河出文庫)ひとり日和 (河出文庫)
特別な出来事もそんなに無い日常を表現すると、きっとこんな小説になるのかも知れない。失恋くらいしか事件は起きないのだけど、退屈しないで読めたのが不思議だけど、著者が伝えたいものが伝わったからなんだろう。青山七恵さんの本を他にも読んでみたくなった。
読了日:08月05日 著者:青山 七恵

みんなの谷川俊太郎詩集 (ハルキ文庫)みんなの谷川俊太郎詩集 (ハルキ文庫)
詩は難しい部分もあるけれど、その言葉のリズムや流れ、それから雰囲気を楽しめたらいいのかなと思う。その上で、心にずっと残る詩がひとつか、ふたつ、それでいいかな。
読了日:08月04日 著者:谷川 俊太郎

「またやっちゃった・・・」あなたのための こんどこそ!やめる技術「またやっちゃった・・・」あなたのための こんどこそ!やめる技術
ついつい悪い習慣や癖になっていることをやめるためのヒントがある。とても楽しく気楽に読める点がとても良かったです。
読了日:08月03日 著者:美崎 栄一郎

読書メーター

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください