平泉〜岩手の旅1日目

投稿者: | 2010年8月8日

0808-2.jpg

 去年は箱根でごまかした。今年は行ったことのないところへとの奥さんの願いを叶えて、東北の岩手県を旅することにした。東京駅から東北新幹線に乗って、一ノ関で乗り換えて平泉へ。たまたま源義経ゆかりの地からスタート。鎌倉繋がりではないか。
 それにしても東北も暑い。いつもこんなに暑いのかと思ったら、今年は特別らしい。地球温暖化恐るべし。
0808-3.jpg
 平泉を巡る循環バス「るんるんhttp://www.motsuji.or.jp/」で毛越寺(もうつうじ)へ。かなり立派なお寺で、普段鎌倉のお寺を巡っている僕も、びっくり。想像していた以上のお寺と庭だった。何がびっくりしたって、その広大な敷地がすごいと思った。
0808-4.jpg
 この広い池に驚いた。鎌倉にはこんな広大な池を構えたお寺はないだろう。この池の周囲には古いお寺の跡地が点々としていた。思わずそれらのお寺が存在した時代の様子を想像してしまう。池の水はやや濁っていたものの、タイミングがもっと良ければ、もっと美しい風景が見られたに違いないと思った。
0808-5.jpg
 どうやらこの辺りは餅料理が名物らしい。旅する前から餅に目がない奥さんと僕は、この日の昼食はこの餅料理に決めていた。中尊寺近くにあるレストラン源のもち御前(1,800円)。あんこ餅、生姜餅、ずんだ餅、辛味餅、白胡麻餅、雑煮餅の6種類のお椀とサラダのセット。デザートなのか主食なのかわからなくなった。食べて良かったと思う旨さだった。
0808-6.jpg
 腹ごしらえの後は、かの有名な中尊寺へ。このお寺も想像以上に広大で、いろんなお堂が参道脇にあり、奥さんとふたりで「すごいすごい」の連発だった。やはり圧巻は金色堂。
0808-7.jpg
 この建物が金色堂、ではなく金色堂の覆堂。つまり金色堂そのものを覆っているお堂である。この中に金色堂がある。傷まないように守っているお堂である。つまり金色堂の中に安置された仏像だけではなくて、金色堂そのものが工芸品のようなものなのである。一目見て良かったと思える金色堂だった。もちろん撮影禁止なので、ホームページか実際に出かけて見てきてほしい。
0808-8.jpg
 中尊寺の後は、るんるんで移動して、高舘義経堂へ行った。何が見たかったと言うと、この風景が見たかった。お天気も良くて、空がとても綺麗だった。源義経が最期を遂げたという場所にあるお堂なのだけど、景色の方が圧巻だった。

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.