真夏日鎌倉の歩き方

投稿者: | 2010年7月19日

0719-4.jpg

 全国あちこちで最高気温が35度を越えた今日、鎌倉を歩いてきた。とは言っても、この暑さだから一日中歩いていたわけではなく、午前中の1時間半くらい鎌倉へ行って来た。
 連休初日には比企谷の妙本寺に行き、ノウゼンカズラの写真を撮って来た。せっかくだからと欲張って、材木座の光明寺まで歩いて行ったが、炎天下のウォーキングはさすがにくたびれた。
 今日は同じくノウゼンカズラが綺麗な扇ガ谷の海蔵寺へ出かけることにした。連休初日の反省もあり、欲張らずに海蔵寺だけを目指した。午前9時過ぎに家を出て、鎌倉駅に着いたのは午前10時前のこと。
 江ノ電側の出口から出て、線路沿いに北鎌倉方面へ戻る。結構な距離があって、多分20分くらいは歩いただろう。吹き出す汗をぬぐいながら、水分を補給しながら、海蔵寺を目指した。
 やっとのことで到着した海蔵寺は、思っていたとおりノウゼンカズラが見頃を迎えていた。この時期の海蔵寺は人出も少なく、ゆっくりと落ち着いて写真も撮れる。この時期の鎌倉は、多分由比ガ浜などの海岸に人出が殺到するのだろう。紫陽花の後の静かなお寺を巡るには、この時期が適しているのかも知れない。でも、暑い。
 しばらくノウゼンカズラの写真を撮って、本堂前のベンチに腰をかけて一休みしたりして、1時間弱ゆっくりして鎌倉駅に戻った。ちょうど午前11時頃のことだ。この時期はこれくらいがちょうど良い。欲張ってあちこち歩き回ると、ほんとうに熱中症になってしまいそうだから。
0719-5.jpg
 今日の鎌倉の歩き方は、正解だったと思う。比較的過ごしやすい午前中に歩いて、お昼前には帰る。午後半日以上家でのんびりできることになる。歩いて汗をかいて、帰ってきてすぐにシャワーを浴びるのが、快感である。
 今日は少しくたびれていたので、ゴロゴロしてしまったけれど、その気になれば本を読んだり、ネットをしたりしながらゆったりと家でくつろぐ時間もある。一日中出歩いていたのでは、特に連休最終日だと何だか気忙しい。だから、これからの真夏日に鎌倉を歩くなら、行き先は1カ所に絞って、せいぜい2時間弱の散策で切り上げるのが良いと思う。

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.