写真の幅と文体

投稿者: | 2010年6月6日

0606-1.jpg

 小さな小さなユリ科の花、チゴユリの写真です。5月1日に撮った写真ですから、1か月以上経っています。写真を見ただけでは小さいかどうか分からないかも知れません。ぶら下がっている花が1センチくらいでしょうか。とても小さいので、稚児という名前が付いたのでしょう。
 横長の写真は、本の写真以外は、枠一杯に使うことにしています。縦長の写真は、さて幅をどれくらいにしたら良いか、定まりません。小さめのものから、猫の写真のように大きめのもの、いろいろ試して決めようと思っています。
 いろいろ試していることがあります。文章もそのひとつ。「です」「ます」調にした方が良いのか、それとも「である」調にした方が良いのか、時々迷ってしまいます。今朝は「です」「ます」調にしてみました。語りかけるには、こちらの方が良さそうです。
 気紛れなので、また変わるかも知れませんが、とりあえず自然に任せてみようかなと思っています。ブログはどちらかというと、こちらの方が良いのかなと思います。
 ふと思い出して、昨日の朝読み終えた『ペンギンと暮らす』をめくってみました。「いる」「した」調でした。どっちが良いのだろうかと、また迷っています。そのうち、しっくりくる方に落ち着くのだろうから、あまり考え過ぎないようにします。
 一番大事なのは、読んで下さる方が読みやすい方だと思います。もしも気が向いたら、どちらが良いか、コメントをいただけると嬉しいです。いろいろと迷ってばかりですが、焦らないでひとつずつ自分なりのスタイルを作り直して行こう、今はそんな気持ちです。
 写真のサイズも、文体も、そして文章の長さも、ある程度考えながら一番良いと思うスタイルを見つけていこうと思っています。とりあえず、縦長写真のサイズは幅が350ピクセルがしっくりしている感じです。

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.