月別アーカイブ: 2010年6月

ナガオカケンメイの考え

投稿者: | 2010年6月30日

 ナガオカケンメイさんは、ものづくりのデザイナー。本の帯には「日本のものづくり」の減点を蘇らせたデザイナーという紹介がある。そういう方の2000年から2005年にかけての日記をまとめた本である。  日記なのでいろいろなこ… 続きを読む »

仕事の帰りに本屋に寄って

投稿者: | 2010年6月29日

 今日は会社の帰りに歯医者さんに通院する日。ほんのちょっとだけ、いつもよりも早く帰ることができる日だった。歯周病治療のため、6月11日に歯茎の手術をして、22日に抜糸した。まだ普通に歯磨きができないので、今日はクリーニン… 続きを読む »

夜時間の活用法

投稿者: | 2010年6月29日

 昨日は比較的早めに帰ってきた。午後8時半頃だったと思う。食事をした後パソコンに向かったのだが、急激に眠くなった。  昨日往きの電車の中は、猛烈に眠かった。普段はあまり電車の中では寝ないが、昨日はちょっとだけ寝た。  眠… 続きを読む »

いたち川に映る空

投稿者: | 2010年6月28日

 昨日は家の近所の焼き肉屋さんへ行って、リッチな夕食。  焼き肉を食べ、奥さんが本を返すので図書館に付き合って、その帰り道でいたち川の写真を撮った。ちょうど午後7時頃だったので、薄暗くなっていて写真も暗い感じだ。  川面… 続きを読む »

久しぶりの静雨庵

投稿者: | 2010年6月27日

 薊のサンマーメンの食べ納めに熱中していたり、新しいお店の開拓に励んだりしていたので、このお店のラーメンは久しぶりだった。  昨日久しぶりに静雨庵に行ってきた。写真はずいぶん前に撮った写真である。昨日の写真じゃない。  … 続きを読む »

三四郎はそれから門を出た

投稿者: | 2010年6月27日

 三浦しをんさんの書評とエッセイ集『三四郎はそれから門を出た』を読んだ。書評が3分の2くらいで、残りはエッセイ集みたいな本だった。エッセイの方が、とても面白い。  書評はいくつか、僕の好みとも合いそうな本があったものの、… 続きを読む »

ナツコ(1)

投稿者: | 2010年6月26日

 やはり何と言っても衝撃だったのは、この寝姿である。  そう言えば、かったるい休日の昼過ぎなんかに、たまにベッドから頭を出して、こんなふうな格好をすることがある。でも、寝られるかと言うと、絶対寝られない。  それなのに、… 続きを読む »

いい空

投稿者: | 2010年6月25日

 いい空、朝焼けの空。考えてみると今住んでいるところで、こんな空を見たのは初めて。  そろそろ、どっしりと腰を据えて住む場所を探そうと思っている。  やっぱり、空が広い場所、こんないい空が見られる場所に住みたい。  誰に… 続きを読む »

赤×ピンク

投稿者: | 2010年6月24日

 東京の六本木、廃校となった小学校で繰り広げられる女性による不思議な格闘技。3人の女性格闘家がそれぞれ主人公となっている3つの物語により構成されるのが、『赤×ピンク』。ちょっと不思議な世界で絡み合い、重なり合う物語がミス… 続きを読む »

里山の少年

投稿者: | 2010年6月23日

 今森光彦さんは琵琶湖をのぞむ里山にアトリエを構え、自然と人間を撮り続けている写真家である。今森さんは「里山」の名付け親らしい。  人里離れた自然ではなく、人の営みと隣り合わせの自然が「里山」だと思う。それだけに、人の営… 続きを読む »

喋々喃々

投稿者: | 2010年6月21日

 『喋々喃々』というタイトルの意味だけど、「喋々」はおしゃべりすること、「喃々」が小声でしゃべることで、男女がいちゃつきながら楽しげに話すことを指しているらしい。  単行本の装丁とタイトルが何となく気になっていて、文庫本… 続きを読む »

Before→After

投稿者: | 2010年6月21日

 こんなにごちゃごちゃしている机の上だったのですが、朝の時間を活用して「整頓」してみた。「整理整頓」と言わないのは、「整理」と言えるほど物を処分していないから。  一応少しすっきりした感じだけど、まだまだ。本当にすっきり… 続きを読む »

日曜日の朝のつれづれ

投稿者: | 2010年6月20日

 ネトルというハーブティーを飲んでいる。2年前だったか、血液検査で尿酸値がひっかかって、病院に行くのが嫌だったので、ネットで検索してこのお茶を飲んでみることにした。このお茶の効果かどうかは不明だし、体重が落ちたのが良かっ… 続きを読む »

あしたはうんと遠くへいこう

投稿者: | 2010年6月19日

 『あしたはうんと遠くへいこう』で角田光代さんの小説は、18冊目になる。これだけ読むと、角田光代さんの小説の特徴がわかった気になる。  この小説のキーワードは、恋愛と引っ越しとアパートだと思う。角田光代さんの小説には、そ… 続きを読む »

振り返りとやりたいこと

投稿者: | 2010年6月17日

 このところ朝の時間も、通勤時間も、仕事の合間の昼休みの時間も、読書を優先して使っている。そんなふうだから、読書のペースはずんずん上がっている。今月は今朝で既に11冊目の本を読み終えたから、このままのペースだと20冊ペー… 続きを読む »

ニーチェの言葉

投稿者: | 2010年6月17日

 真っ黒い表紙の本が、本屋さんに平積みになっていたことがあって、とても気になった。とうとうある日その本を買ったのだけど、しばらく寝かしていた。  ワクワクしながら、昨日からその本を捲り始めた。大切なものは後に取っておく、… 続きを読む »