働く私の「自分時間」

投稿者: | 2010年4月23日

0423-1.jpg

 この本のタイトルは、『サイボーグを目指さないことにした、働く私の「自分時間」』というもので、とても長い。買った理由は、「サイボーグを目指さない」と「自分時間」のキーワードが目に付いたからである。どう見ても働く女性向けの本であり、内容である。もちろん、女性向けだからという理由で買わないという判断はしないのだけど。
 数年前から勝間さんのようなスーパーウーマンが脚光を浴びていて、世の中の多くの女性が理想としているんじゃないか、などと思われるくらいだ。この本のタイトルの「サイボーグ」とは勝間さんのようなスーパーウーマンのことなのである。綾瀬はるかさんのことではなく、とにかくよくそんな時間があるものだと思えるほど、主婦をこなし、仕事をバリバリやっている女性のことなのである。そんなすごい女性をみんなが目指さなくても良いだろう。本当に仕事をバリバリやるだけで、幸せになれるのだろうか、そんな疑問を呈しているのがこの本である。
 読み終えて思ったのは、生き方とか生活のスタイルは、人それぞれに一番合っているものを目指すのが良いということである。当たり前のことであるが、いつの間にか他人のスタイルを無理に真似しようとしていたりするものである。或いは意味もなくライバル意識を持ったりしてしまう。自分自身にできる生活のスタイル、生き方、それで居心地が良いものが一番というわけである。
(15冊目/2010年度)

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.