ウランバーナの森

投稿者: | 2010年4月8日

0408-2.jpg

 お気に入りの作家に出会うと、デビュー作を読んでみたくなる。奥田英朗さんについてもそうである。去年の年末に『ガール』を読んだのが、奥田英朗さんとの出会いで、続けて今年の初めに『マドンナ』を読んで完全にファンになってしまった。この『ウランバーナの森』が奥田さんのデビュー作にあたる。
 これから読もうとしている方に、安易にストーリーをあかすのを避けている。どんな本でも同じで、そういう気持ちになる。この本は尚更かも知れない。原因不明の便秘に悩まされ、次々と霊的現象に巻き込まれる有名ミュージシャンの話、というのが一言で表現したあらすじである。
 読み始めた時に、少々読みにくい感じを受けていた。やっぱりデビューしたての頃だから、この前読んだ本の文体とは少々違うのかなと思っていた。どうやらそうでもないらしい。後半に入ってくると、物語に引きずり込まれていることに気づく。そして、今日の行きの通勤電車の中では、びっくりするぐらい沢山のページ数を読みすすめることができた。こういう場合は、とても楽しく読ませていただいているので、それだけ面白かったということになるのである。
(5冊目/2010年度)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.