鎌倉の新しい歩き方

投稿者: | 2010年3月14日

0314-1.jpg

 今日は鎌倉の新しい歩き方をしてみた。ネットで買った双眼鏡を持って、いざ鎌倉へ。歩いたコースは北鎌倉の東慶寺と浄智寺を訪れ、浄智寺横のハイキングコースを源氏山公園まで歩き、さらに鎌倉駅まで歩くコースだ。何が新しいかと言うと、バードウォチングをしながら歩いたことだ。
 まず幸先良く東慶寺で見つけたのは、イカルという鳥である。木の枝にとまって、しきりに何かをついばんでいた。初めて見た鳥だった。
0314-2.jpg
 この写真の鳥は、シジュウカラ。家の近所でも時々見かけるかわいい鳥だ。この日も何度か見かけたけれど、写真が撮れたのは浄智寺の境内だった。こうして注意して鳥を探したりしていると、案外いろいろな鳥を見ることができるものだ。
0314-3.jpg
 こちらの綺麗な鳥は、ヤマガラという鳥。シジュウカラの仲間である。高い木の上でしきりと鳴いていた。「ツーツーピー、ツーツーピー」という鳴き声を便りに探すと、案外すぐに見つかる。すぐに飛び去ってしまい、なかなか観察できない鳥である。
 こうしてバードウォチングをしながら鎌倉を歩いていると、ついつい鳥の写真を撮ってみたくなる。ここに載せた写真はどれも小さく写っているものをトリミングしたものだ。鳥の写真を撮るには、やっぱりフィールドスコープが必要だけど、かなりのお値段だろうし、お寺によっては三脚を使えないお寺もあり、そこまでは手を出さないようにしている。もっとずっと時間が経って、それでもバードウォチングに大いに興味を持っていたなら、その時は機材を揃えて鳥の写真を撮ってみたいと思う。

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.