本を買い出しに・・・

投稿者: | 2010年3月12日

0312-1.jpg

 金曜日、歯医者さんに行く日だったので、いつもより少しだけ早く帰れて、横浜で奥さんと待ち合わせた。その理由はルミネカードなら10%オフになる日だったからだ。横浜のルミネに入っている有隣堂書店がお気に入りなので、本を買い出しに行くために、横浜駅で待ち合わせたわけだ。
 それぞれの本を買った思いは、次のとおりだ。『モダンタイムス』伊坂幸太郎さんの小説を全て読破したいと思っていて、残り3冊のうちの1冊である。『ニーチェの言葉』たまには格調高い本を読みたいと思った。『持たない贅沢』整理整頓とかスッキリということが今の僕のテーマだから。『かのこちゃんとマドレーヌ婦人』万城目さんの小説もゆくゆくは全部読みたいと思っていたりするから。『誘拐ラプソディー』は荻原浩さんの作品かつ近々映画が公開されるので、興味を持ったから。『ウランバーナの森』の場合はこれから次々の読んでみたいと思っている奥田英朗さんのデビュー作だから。
 こんな思いで滅多に割り引かれない本を買い込んで来たわけである。ストックを減らしつつあったのに、ストックがぐんと増えてしまった。でも、楽しい週末のひとときだった。帰りに奥さんと焼き鳥屋さんで軽く飲んで帰ったこともあるけれど。

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.