猫寺巡り

投稿者: | 2010年2月6日

0206-2.jpg

 材木座にある中華料理屋さん「薊」のサンマーメンが食べたくなったのか、光明寺へ行きたくなったのかと言うと、やっぱり前者なのだけど、今日は猫寺巡りをしようと出かけてきた。僕のなかでは鎌倉の猫寺というと光明寺と妙本寺なのである。さっそく「薊」のサンマーメンを食べて、光明寺へ行ってみた。空気がとても冷たく寒い日だったせいか、光明寺の猫には会えなかった。どこかで風をよけて暖を取っているのだろうか。
0206-3.jpg
 材木座へ来たらせっかくだから海も見てみようと、材木座海岸へ出てみた。そしたら雲をかぶってわかりにくかったものの、富士山も見えていてとても良い景色が広がっていた。遠くに連なるのは伊豆半島で、冬の澄んだ空気でとても近くに見えていた。やっぱり冬の海も良いものだと実感した。富士山に雲がかかっていなかったなら、もっと良かったのに。
0206-4.jpg
 サンマーメンの大盛を平らげてしまったので、その分しっかり歩こうと、材木座から鎌倉駅まで散策することにした。光明寺で猫に出会えなかったから、次は妙本寺を目指して歩いた。途中で八雲神社や梅の花が咲いていたぼたもち寺に立ち寄った。
0206-5.jpg
 妙本寺への参道は林の中にあって、日も当たらないために寒い空気が余計にひんやりとしていた。こんなに寒いのでは光明寺と同じで、猫はどこかに隠れているのではと思いながら、石段を上り山門をくぐって境内へ入ってみた。確かに視界の中には猫は入ってこなかった。本堂脇の梅の花が咲いている辺りへ行ってみると、近くのお墓の陽だまりで猫が2匹のんびりとひなたぼっこをしていた。風が当たらない暖かい場所を心得ているかのように。
0206-6.jpg
 結局この日妙本寺で出会えた猫は3匹。もっと暖かい日には、出会えた猫はもっと多かった。空振りに終わるよりも良いかなあと思いつつ、だんだん日陰が寒くなってきたので、鎌倉駅へ向かった。途中で本覚寺にも立ち寄ったけれど、梅の花は少しだけ咲いていた。
 今日立ち寄ったところで梅の花が咲いていたのは、ぼたもち寺と妙本寺と本覚寺である。妙本寺は奥まった場所にあって寒そうな場所だから、梅の開花も遅めなのかも知れない。本数で言うと今日回ったお寺では一番多い。ぼたもち寺は一番綺麗に咲いていたが、境内は狭いので白梅と紅梅1本ずつと木の数は多くない。白梅は今が見頃の感じだった。
 来週の木曜日の祝日や次の土日には、梅見の鎌倉散策をしてみたい。荏柄天神社や瑞泉寺、極楽寺や長谷の方にも足を延ばしてみたいと思う。

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

猫寺巡り」への2件のフィードバック

  1. Reira Runford

    こんにちわ。
    冬の透き通るような空気が伝わってくるような写真が素敵ですね。
    鎌倉には元同僚の女性が住んでいるので「良い場所だよ〜」とは教えてもらっていたものの、
    横浜に住んでいる間には結局数える程しか行くことがありませんでした。(もったいない!)
    これから少しずつ暖かくなるにつれて、
    梅・桜・紫陽花など色とりどりの情景に出会えるようになりますね。
    散策中の出会いにも期待して。
    鎌倉散策のお話、楽しみにしています。(^-^)

  2. 春風裕

    Reiraさん、コメントありがとうございます。
    そうなんです。
    冬の透き通った空気で、空と海がとても綺麗でした。
    やはり遠くまで見渡せるのは、冬なんですね。
    春も楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.