調子が出てきた鎌倉散策

投稿者: | 2010年1月31日

0131-1.jpg

 土曜日に引き続き梅の花を見に行ってきた。まずは北鎌倉の東慶寺から。山門から続く小径の脇に梅の木が沢山あって、木によっては結構沢山花が咲いていた。梅の花を見に来たのか、結構人出も多かった。
0131-2.jpg
 円覚寺にも立ち寄ってみた。仏殿脇の梅の木が満開だった。とても綺麗に咲いていた。そう言えばこの木は梅だったんだと、改めて気づいた。境内のあちこちの梅の木も花が咲き始めていた。境内奥にある黄梅院まで行ってみた。塔頭のひとつ黄梅院というからには、梅が咲いているのだろうと思ったけれど、立派な梅の木にはまだひとつも花は咲いていなかった。時々様子を見に出かけてみようと思う。
0131-3.jpg
 境内の奥へと続く道を行き、大方丈脇あたりにこの梅の木があった。花が咲いていなければ気が付かなかったが、まだ生きている木だった。幹は半分欠けてしまっている感じで、もう枯れているようだけど、枝の先に花が咲いていた。
 こんなふうになってもまだ花を咲かせる生命力に驚いた。生きるということは素晴らしいことだと思った。

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.