鎌倉三十三カ所の第二番

投稿者: | 2010年1月9日

0109-1.jpg

 鎌倉三十三カ所の観音霊場めぐりをして御朱印を集めてみようと、ある日突然思い立ったのは、去年の十月半ばの頃だった。順番に回らなくても良いらしいが、度々鎌倉を歩くのでどうせなら順番に歩いてみようと思っていた。特に理由は無いけれど、第二番の宝戒寺へ行きそびれてしまい、やっと今日二番目の御朱印をいただいた。
0109-2.jpg
 第二番の宝戒寺はよく前を通るものの、まだ一度も境内には入ったことが無かった。訪れてみると、杉本寺と同じで本堂の中に上がってお詣りができる開かれたお寺だった。
0109-3.jpg
 このお寺は東勝寺を現在の場所に移して開山されたお寺のようだ。亡んだ北条氏の菩提を弔うためのお寺である。この場所に北条氏の屋敷があったとされている。白萩の花で有名らしいが、この時期はスイセンの花が沢山咲いていた。
0109-4.jpg
 宝戒寺からは車通りの多い小町大路を歩いて、妙本寺まで行ってみた。年末に訪れた時に野鳥のヤマガラに出会えたところで、境内には沢山の猫が居たお寺である。運が良ければ野鳥に出会えるかなと思ったが、かなり遠いところにとまっているのを眺められただけだった。猫も年末ほどは多くなかった。
0109-5.jpg
 妙本寺の後は滑川を渡る夷堂橋の近くにある本覚寺に立ち寄ってみた。明日は十日えびすで賑わうお寺である。境内にある夷堂はえびす様が祀られていて、鎌倉七福神のひとつになっている。境内は沢山の提灯やテントが並び、明日を迎えるだけになっていた。
 本覚寺を通って鎌倉駅方面へ抜け、御成商店街にある鎌倉小川軒でお茶を飲んで帰ってきた。だいたい3時間程度の鎌倉散策だった。

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.