誰も知らない鎌倉路

投稿者: | 2010年1月11日

0111-1.jpg

 こんな本があるなんて、しかも文庫本があるなんて知らなかった。それもその筈この本の第1刷は1983年だし、買ったのが第6刷なのだけどそれでも2004年のことなのである。普通の本屋さんには決して平積みされていない本なのだけど、鎌倉の本屋さんには平積みされていたのである。
 『誰も知らない鎌倉路』を買ったのは、鎌倉駅近くの本屋さん。こんな本があるのかと、とても興味を持ってその場で買った。さっそく読み始めたものの、かなり字が詰まっていてなかなかページも進まない。結局やっとのことで今日の午前中に読み終えた。普通の文庫本の2倍以上のボリュームがありそうな本だった。
 鎌倉の山道を織り交ぜた14のコースにある社寺ややぐらなどのことやその歴史、それから四季折々の花や鳥などの生態がかなり詳細に書かれている。かなり以前に書かれた本なので当時のままの鎌倉路がどこまで残っているか、とても興味がある。僕が歩いたことのあるコースは書かれている状態に近かった気がするが、詳細をチェックしてみたわけではない。今年はこの本を参考にして、鎌倉を歩いてみるのも面白いかなと思った。
(5冊目/2010年)

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.