睡眠の質と読書の話

投稿者: | 2009年12月15日

1215-1.jpg

 久しぶりに2日間連続で宴会が続いたので、週の前半からお疲れモードになっている。飲むとどうしても帰りも遅くなり、寝る時刻も遅くなるから起床時刻も後ろへずれる。珍しく5時半とか6時に目が覚める週の前半だった。
 特に月曜日は調子に乗って飲んだものだから、今日は一日二日酔いに悩まされた。仕事の効率も悪くなってしまうし、電車で本を読もうとしてもなかなか前に進まない。二日酔いかどうかは別として、電車の中で本を読んでいて感じることがある。帰りよりも行きの方が、読むペースが速いのである。帰りの電車の中では本を読んでいながら、知らず知らずのうちにその日起きた出来事について考えていることがある。それに比べると朝はリセットされていて、本を読むことに集中できる傾向がある。もちろんいろんな条件があるから、一概には言えないことだ。朝でも二日酔いだと、頭の中がリセットされていなくて効率が悪い。
 そういう意味では睡眠は、とても大切なのだと思う。睡眠の長さではなくて、質が一番重要だと思う。例え長く寝たとしても、二日酔い状態で目が覚めるような時は、睡眠の質が悪いようである。

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.