ブログ広告記事について

投稿者: | 2009年12月9日

 ひとつ前の記事は、ブログに一定の基準を満たした記事を書いて申請すると、低額の謝礼を払ってくれる仕組みになっているプレスブログ向けの記事である。今回からタイトルの最後に「(PR)」と入れることにした。飽くまでも広告として書いているものだから、わかりやすく区別しておこうという趣旨である。広告だから誇張して書いているつもりもないし、嘘を書いているつもりもない。でも悪く書くわけがないものだから、区別ははっきりさせておこうと思ったのだ。

 ネットビジネスでは共通して言えることかも知れないけれど、こうしたブログ広告のようなサイトは一時期は広告募集も活発で謝礼金額もそこそこだったが、最近では募集広告数も減って謝礼も低額になってきた。中には廃止されたサイトもあったりするから、こうして個人のブログに広告として書かれることの効果が見極められてきたせいなのかも知れない。どれくらいの広告効果が得られているかは、良く分からない。
 最近では新しい広告募集のチェックも真面目にやっていない感じがするが、たまにはこうして記事を書いてみることにしている。これまで3回くらいしか経験がないけれど、優秀な記事を書くと謝礼が少し上積みされる。良い記事かどうか判定されているということで、書くことに対して緊張感も出て来るので、敢えて少しチャレンジしている。これが広告記事を書いている理由のひとつで、もうひとつの理由はレンタルしているサーバー代金くらいにはなることだ。

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.