チェーン・ポイズン

投稿者: | 2009年12月22日

1222-1.jpg

 去年の今頃買ったまま読んでいなかった本多孝好さんの『チェーン・ポイズン』を読み終えた。読みたくなくて読まなかったわけではなくて、ハードカバーなので通勤途中で読むのを躊躇っていたからだ。本多孝好さんの小説は大好きなので、ほとんど読んでいる。最近出版された『WILL』が本屋さんの店頭に並んでいてとても気になるから、とりあえずストックの中にある『チェーン・ポイズン』を読んだ。
 ストーリーには触れないけれど、この小説もとても面白かった。例えば伊坂幸太郎さんの小説だと前半を読むのにちょっとしたハードルの高さを感じるが、中盤から物語に引き込まれて加速度がつき一気に読み終える。それに比べて本多孝好さんの小説はハードルの高さがあまりなくて、緩やかに物語に引き込まれていく。終盤はどんどん先を読みたくなって、一気に読み終える。『WILL』を読む前に、もう1冊だけ読んでいない『正義のミカタ―I’m a loser』を読もうかな。そして、年明けに『WILL』を読むことにしようかな。
(162冊目/2009年)

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

チェーン・ポイズン」への2件のフィードバック

  1. あつこ

    春風さん、お久しぶりです。
    先日はわたしのブログにコメントありがとうございました。
    たくさん本を読んでおられるのですね。
    本多さん、わたしもとても好きで何冊も読みました。
    でもこの本は読んでいませんでした。
    早速図書館に予約しました。楽しみです。
    紹介してくださってありがとうございます。
    (森絵都さんも好きなのですが、残念ながら
     こちらの図書館にはまだ置いていないみたいです)

  2. 春風裕

    レス遅くなってごめんなさい。
    あつこさんも本多孝好さんファンなんですね。
    参考になって良かったです。
    僕は昨日『WILL』を買ってきました。今月中には読みたいと思っています。
    『正義のミカタ―I’m a loser』も近日中に購入予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.