鎌倉三昧

投稿者: | 2009年10月11日

1011-1.jpg

 今日の鎌倉は、3連休の真ん中で絶好の行楽日和とあって、相当な人出で賑わっていました。朝早めに出かけたのですが、円覚寺は早くも賑わっていました。円覚寺の総門をくぐったのが、午前8時50分頃でした。それから、境内を散策して、いつもの石仏の写真を撮って、円覚寺を出たのは、10時半過ぎですから、たっぷり1時間半は居たことになります。それだけ見どころが多いのが円覚寺です。

1011-2.jpg
 円覚寺の次は、浄智寺に立ち寄りました。久しぶりの浄智寺でした。鎌倉五山第四位のお寺です。庫裡の庭にはいつもその季節の花が咲いているのですが、今日はシュウメイギクが綺麗に咲いていて、藁葺の庫裡がとても素敵な雰囲気を醸し出しています。境内の外側をぐるりと回るようになっている順路を進むと小さな竹林があったり、鎌倉七福神のひとつ布袋尊があります。ぽってりとしたお腹をなでる人が多いせいで、お腹が黒ずんでいたりします。ちょっとユーモラスな布袋尊像です。
 いつもだと、北鎌倉から鎌倉方面へ抜ける時は、亀ヶ谷坂切通を抜けて行くのですが、今日はこの浄智寺脇からスタートするハイキングコースを歩いてみることにしました。鎌倉の道も主な道は、かなり歩きましたので、そろそろこういうハイキングコースなどのまだ歩いてみたことがない道を歩くようにしようかなと思っています。
 最初のうちは、ごく普通の道だったのですが、しばらくしてから、すぐに山道に変わってきました。今日はハイキングコースを歩こうと思いつつも、それほど大したコースではないだろうと思っていて、スニーカーを履いてきました。トレッキングシューズを履いて行けば良かったと思うような山道でした。
1011-3.jpg
 こんなふうな山道を歩くと、源氏山公園にある葛原ヶ岡神社に出ます。鎌倉は、ちょっと山の方へ歩いて行くと、こんなふうな自然に恵まれた道を歩くことができます。いろんな楽しみ方ができるところなのです。葛原ヶ岡神社の鳥居辺りに出たのですが、ちょっと小腹が空いていたので、名物の玉こんにゃくを1本いただきました。
1011-4.jpg
 葛原ヶ岡神社のあとは、源氏山公園をぶらぶら歩き、化粧坂切通を下って、海蔵寺を訪れました。海蔵寺にはいろいろな花が咲くので、時々チェックするために立ち寄ります。今日咲いていたのは、リンドウや紫苑、ホトトギスなどです。

1011-5.jpg
 海蔵寺から鎌倉駅へ歩いて行って、奥さんと待ち合わせて合流しました。ちょうどお昼を回った頃だったので、さっそく御成商店街にあるいつも前を通っては、いつか入ろうと思うカフェで、カレーとスープ、サラダのランチセットを食べました。お腹いっぱいになった後、鎌倉三十三カ所の第1番の杉本寺を目指して歩くことになりました。
 杉本寺を目指した理由は、鎌倉を歩くようになって良く目にする御朱印が気になっていたからです。お寺を訪れた人が良く御朱印をいただいているところを目にします。
 円覚寺仏日庵で気になったので、御朱印帳を見ていたら、杉本寺のものを買うのが一番良いと教えてくれました。その理由は、そこにあったのは、蛇腹になった御朱印帳で、杉本寺のは紐綴なので、入れ替えることができるからなのだそうです。要するに順番に回らなくても、後で順番を入れ替えることができるからなのだそうです。それを聞いていたので、御朱印帳を買いに行くことにしたのです。鎌倉最古のお寺として有名な杉本寺ですが、金沢街道にあるお寺です。杉本寺の前に、田楽辻子のみちを歩き、釈迦堂口切通を見て来ました。今日歩いた距離はかなりのものです。
 写真の石段を上って、杉本寺本堂まで辿り着くのも、結構きつく感じました。足がかなり疲れていたせいだと思います。予定どおり、御朱印帳を買って、御朱印をいただいて来ました。今日から少しずつ、鎌倉三十三カ所を回ってみたいと思います。

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.