鎌倉散策について

投稿者: | 2009年9月20日

0920-1.jpg 連休初日の昨日は、曇り空だったけれど、午後からは晴れマークになっていたので、まずは鎌倉を訪れてみた。1週間前の休日は、熱海に行っていたので、久しぶりの鎌倉だった。

 まずは、よく立ち寄るラーメン屋さん「静雨庵」でお昼を食べて、散策スタートと思っていたのだけど、きが変わってスタバでのんびりコーヒーを飲んだ後、散策を開始した。扇ガ谷から源氏山公園へ、化粧坂切通を抜けて海蔵寺へ行ってみることにした。
 結局ずっと曇り空が続いて、薄日が射す程度だった。だから、佐助稲荷神社のような場所は、かなり暗い感じだった。晴れていても、木が多く山の陰にあたるため、薄暗い雰囲気なのである。この後、人気の銭洗弁天に立ち寄ってみたが、相変わらず大勢の人出だった。鎌倉ではベスト5くらいに入りそうな人気スポットが、銭洗弁天なのである。もちろん、みんなザルを持って、懸命にお金を洗っていた。「千円札を洗って、それでロト6でも買ってみようか」などと冗談を言いつつ、結局お詣りしただけ。そもそもは、ここでお金を洗うと、清らかなお金になって、福を呼ぶと言われているらしい。お金が増えると言い出したのは、いつ頃からなのだろう。
0920-2.jpg
 銭洗弁天前の急な坂道を上って、源氏山公園を歩いてみた。まず葛原岡神社に行き、名物(?)の玉こんにゃくを食べて、缶ビールで喉を潤した。その後は、せっかくだから、源頼朝像を見てきた。この頼朝は、どうやら若い頃の頼朝のようで、確かにそんな感じがした。源頼朝が鎌倉入りした年から800年経った昭和55年に造られた銅像である。
 この後は、化粧坂切通を下って、海蔵寺に立ち寄った。源氏山公園でも、いくつか彼岸花を見かけたのだけれど、海蔵寺に行けば咲いているに違いないと思って行ってみたら、予想どおり咲いていた。沢山は無かったけれど、やっぱり花のお寺だけあって、季節毎にいろんな花が咲いているものである。何度行っても、飽きないお寺が、海蔵寺なのである。
 もっと歩く元気があれば、亀ヶ谷坂切通を抜けて、北鎌倉まで行っていたところだったが、あまりお天気も良くなかったので、海蔵寺で切り上げて、鎌倉駅から、帰って来た。扇ガ谷から亀ヶ谷にかけて、ぶらぶらと歩いてみた感じである。鎌倉駅の江ノ電側の出口を出て、銭洗弁天を目指して歩き、源氏山公園をぶらぶらして、化粧坂切通を抜けて、海蔵寺へ。そして海蔵寺からは鎌倉駅までの一本道を行くと、途中にもお寺や神社などもあり、結構好きなコースなのである。
0920-3.jpg
 さて、今朝は昨日と違って、秋晴れのお天気である。こんな日に、鎌倉を歩かないわけにはいかない。一刻も早く出かけて写真を撮りたい気分になって、さっきから落ち着かない。あまり早く行きすぎても、お寺も開いていないところが多い。今日は早めに出て、北鎌倉のお寺を回ってみようかなと思ったりしている。
 昨日の朝、この連休でやっておきたいことについて、ちょっと考えていた。鎌倉には最低2回は行くだろうと思っていたのだが、連休の2日目にして、2回になるとは思っていなかった。
 鎌倉歩き以外だと、本を最低5冊は読むこととか、ホームページ作りとか、メールの整理などをやっておきたい。あまり欲張っても、せっかくの連休にプレッシャーがかかるので、これくらいにしておこうかなと思う。昨日はもっと沢山思いついていたのだけど、のんびり過ごすのも、休日の過ごし方なのだから、欲張らない方が良い。5連休の後は、2日仕事をすれば、また休日になるわけだから、ガツガツするのはやめておきたい。と言うわけで、今日は午後9時頃には出かけることにしたい。

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.